北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

「まずは自分で備えを」ライフライン寸断時にあったら便利な物 震災経験の防災士が勧めるサバイバルグッズ

社会 友だち追加

 東日本大震災クラスの津波が起きても到達する可能性が低い内陸部に位置する札幌市。

 都市部での人的被害を減らすには、津波避難とは違った視点が必要です。

 「避難生活の備えがどれだけ自分で出来ているか」が重要だと訴えるのは、11年前に東日本大震災で被災した経験を持つ、北海道防災教育アドバイザーで防災士の佐藤伸博さんです。

 現在は札幌市で防災について啓発活動を続けています。

冬の災害は「寒さ」との闘い

 佐藤 伸博 さん:「考え方としてはまず自分の身は自分で守る。それができた上で共助、身近な人との支えあい、助け合いで数日は乗り切っていく」

 東日本大震災で佐藤さんは仙台市の内陸部に住んでいたため津波被害は受けませんでした。

 しかし電気は1週間、水道は10日、ガスは1か月間止まったため、とても苦労したと言います。

電源を必要としないストーブが便利

 中でも一番こたえたのが寒さでした。

 佐藤 伸博 さん:「家の中では毛布にくるまるだけでは寒かったので、スキーウェアを着て毛布にくるまってという形ですごしてましたね」

 佐藤さんが備えている防災グッズの中から北海道民にお勧めしたいというのがこちら。

 停電時でも暖を取れる、電源を必要としない(乾電池式の)ストーブです。

 中でもおすすめは…

 佐藤 伸博 さん:「ストーブの上に煮炊き台があるのが良いという話はいつも提案しています」

屋外タンクに使用可能 ドラム缶用のポンプ

 そして町内会に一つでもあったら皆が助かるというアイテムがこちら。

 屋外の灯油タンクからも灯油を取り出すことができる大きなポンプです。

 佐藤 伸博 さん:「ドラム缶用の長いやつですね。ホームセンターで購入できます」

 そして寒さ対策同様に重要なのがバッテリーです。

 災害状況や安否情報を確認するため、東日本大震災の時も、充電できる場所に人が殺到しました。

 佐藤さんは、スマホの充電ができる小型のモバイルバッテリーに加え、車載用の比較的大きなバッテリーも準備しています。

 佐藤 伸博 さん:「スマートフォンが4回くらい充電できます。車のシガーソケットからも充電できるタイプなので便利です」

食糧は「ローリングストック」方式で常備

 最後に重要なのが、やはり食糧。

 佐藤さんは、日常食べているものを多めに買って、使った分だけ補充していく"ローリングストック"の方法で、約1週間分を常に備蓄しているということです。

 佐藤 伸博 さん:「一人一人が自分に必要なものを用意をしておく、備えをしておくということが、大きな公的機関が助けが本当に必要な人に集中できる流れにつながる。トータルで救える命が増えていきます」

  • みんテレ