北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

「生きて帰ってきてほしい」 北海道在住のウクライナ人の悲痛な叫び…母国に家族 募る心配と不安

社会 コラム・特集 友だち追加

 激しさを増すロシア軍のウクライナ侵攻。

 母国に家族がいる北海道内在住のウクライナの人たちは、心配と不安を募らせています。現地の実情と、その胸の内は?

 北海道内で暮らすウクライナの人:「私の父に何かあったらと思うと、すごく心配」

 北海道内で暮らすウクライナの人:「とにかく生きて帰ってきてほしい」

 北海道内で暮らすウクライナの人たち。

 母国の家族はシェルターに身を隠したり、長い道のりを避難したりしています。

 いま、現地で何が? そして、遠く離れて暮らす人たちの思いとは?

 札幌市在住のウクライナ人、ベロニカ・クラコワさん(27)。

札幌市在住のウクライナ人、ベロニカ・クラコワさん

 2020年に来日し、その後結婚しました。

 故郷のザポリージャ州では、3月4日にヨーロッパ最大級の原子力発電所がロシア軍の砲撃を受けました。

 実家では今も、母親のナタリアさんが暮らしています。

 ベロニカ・クラコワさん:「本当に問題になったら、チェルノブイリより悪い状態になる。心配でザポリージャに残っている母親をどう避難させた方がいいか調べた」

 母親のナタリアさんは、爆撃があると近くの学校にあるシェルターに身を隠します。

爆撃があると近くの"シェルター"に身を隠す

 シェルターで撮影された映像には、ベンチに身を寄せる大勢の人の姿が。

 幼い子どもの泣き声も聞こえます。

 また、街のスーパーの棚はガラガラで、特に食料品はすぐに品薄状態になるといいます。

街のスーパーの食料品はすぐに"品薄"状態に

 それでも避難せずに、とどまるわけとは。

 ベロニカ・クラコワさん:「避難している人も多いが、自宅からどこにも逃げたくない人も多い。移動中にロシア軍に殺されるかもしれないので怖い。自宅の隣のシェルターにいた方がいいと考える人も多い」

 3月7日、3回目の停戦交渉が行われましたが難航。

 ベロニカさんの友人が住む、ウクライナ第2の都市ハリコフ周辺では戦闘が続いています。

 道路にはたくさんのがれきや破片が散乱し、建物の窓ガラスが割れています。

  • みんテレ