北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

大雪の暮らしへの影響長引く “建物倒壊”に“デコボコ路面”…小学校への通学や灯油配達にもカゲ

社会 道内経済 友だち追加

 大雪による暮らしへの影響が長引いています。暖気が続いたことによる建物の倒壊が相次ぎ、路面状況は悪化しています。状況が改善するのはいつになるのでしょうか?

 水上 孝一郎 記者:「雪の重みで屋根が大きく崩れ、木材がむき出しになっています。被害は隣接する建物にまで及んでいます」

 2月28日午後8時ごろ、札幌市豊平区で「空きビルが崩れてきている」と110番通報がありました。屋根が雪の重みに耐えられなくなり倒壊したとみられています。けが人はいませんでした。

 近所の住民:「(別の人が)灯油を買いに行くときには崩れていなくて、戻ってきたら崩れていたと聞いた。5分から10分くらいの間に崩れたのでは。巻き込まれていたら、死んでいたかもしれない」 

 2021年に撮影された同じビルの外観です。

2021年に撮影された同じビルの外観

 薄黄色の壁の部分が崩れ去り、原型がわからない状態に。周辺には木材などが散乱しています。

薄黄色の壁の部分が崩れ去り原型がわからない状態

 現在、札幌市が現場周辺の道路の通行を規制し、ビルの所有者の特定を急いでいます。

 札幌市中央区でも2月28日午後3時40分ごろ、空き家の屋根が雪の重みで崩れかけているのが見つかり、歩道と車道の片側一車線が一時通行止めに。一夜明けた3月1日も歩行者は迂回を強いられました。

中央区では雪の重みで空き家の屋根が崩れかかる

 警察によりますと、この空き家は今後業者により解体される予定です。

 また3月1日午後2時ごろ、札幌市豊平区で2階建ての空きアパートの屋根の庇部分が崩れ、大量の雪が落下しているのが見つかりました。

空きアパートの庇部分が崩れ大量の雪が落下

 1階部分が雪に埋もれています。アパートに住人はおらず、けが人はいません。さらに倒壊する危険があるため、警察は周囲の通行に注意を呼びかけています。

 三上 侑希 記者:「札幌市北区の創成川通です。車がずらりと並び渋滞しています」

 連日の暖気は路面状況も悪化させています。札幌市内の道路は3月1日も渋滞。

 タクシー運転手:「渋滞で仕事にならない。この時期だと普通は3車線出ている。こんなに雪はない」

  • みんテレ