北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

大雪のあとは“暖気” 雪解けが進み道路は「デコボコ路面」に…歩道も車道も危険だらけ 札幌市民が悲鳴

友だち追加

 大雪のあとは暖気です。2月26日には4月並みの気温となり、雪解けが進みました。北海道札幌市内の道路はデコボコ路面となり、人も車も進むのに苦労が絶えません。

 長岡 伶奈 記者:「車を運転すると大きく揺れます。非常にわだちが深くて、通りにくいです」

 札幌市東区の住宅街。路面には長いわだちが続き、ハンドルが取られます。2車線の道路は排雪が進まず1車線となり、車が走行しにくくなっています。

「深いわだち」ができた道路がいたるところに

 2月26日、札幌市の気温は8度まで上昇。各地で最高気温が4月上旬並みとなり、雪解けが進みました。

 札幌市北区新琴似では、住宅の屋根から落ちた雪に巻き込まれ、70代の男性が死亡するなど、落雪事故が相次ぎました。路面状況も悪化しています。

暖気により落雪事故も相次いだ

 長岡 伶奈 記者:「市電近くの歩道では、ロードヒーティングで地面が露出している部分と、雪が積もっている部分の間で段差ができていて通りにくくなっています。路面は非常にツルツルとなっています」

 50センチほどの段差ができている上、解けた雪が再び凍り非常に滑りやすくなっています。

歩道も段差ができ歩きにくい状況の場所が…

 札幌市民:「段差がある上、ベチャベチャ路面の下が凍っている。滑りやすいので気を付けている」

 札幌市東区の小学校の付近では、さらに危険な状況も。

 長岡 伶奈 記者:「通学路の歩道が雪で埋まり車道を歩く人が多くいるが、デコボコで歩きにくい」

 歩道の除雪が進まず、歩行者は車道を歩かざるを得ない状況です。その車道も雪が解け、ザクザクのシャーベット状になり歩きにくくなっているんです。車の運転にも気を使います。

道路はシャーベット状の雪で歩くのも一苦労

 札幌市民:「路面はザクザクで排雪ができない。車は全然動かないし走りづらい。わだちにはまったら大変」

 3月1日の札幌市の最高気温は4度の予想。朝晩は氷点下まで下がるので、雪解けと再凍結で路面状況は悪化しそう。車の運転や歩行に十分な注意が必要です。

  • みんテレ