北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

"ドカ雪"北海道「雪の重みで屋根心配」「歩道歩けず車道に小学生」「雪庇落下」事故から身を守るには

社会 コラム・特集 友だち追加

 大雪で北海道内では建物の倒壊が相次いでいます。

 命を守るため、いまこそ気をつけたいこととは?

 宮崎 俊彦 カメラマン:「雪の重みでしょうか? 物置が倒壊しているのが確認できます」

 札幌市南区の藤野地区。ケガ人はいませんでしたが、物置の屋根の一部が倒壊しました。

 道内を襲った記録的な大雪。各地で屋根が倒壊するなどの被害が相次いでいます。

"雪の重み"で建物・屋根の倒壊が相次ぐ北海道

 山に亀裂が入り立ち入り禁止となった札幌市のモエレ沼公園では、亀裂部分にさらに雪が…。

 そして2月23日観測史上1位となる1メートル23センチの積雪となった千歳市では、スクールゾーンが…。

 三上 侑希 記者:「この道は小学校の通学路です。しかし大雪の影響で雪に埋まってしまっています。そのため、小学生は道路を歩かなければなりません」

 千歳市の小学校では、通学路が雪で埋まったため、児童は、車道を歩き一斉下校しました。 

"通学路"は雪で埋まり…小学生は車道を歩き集団下校に

 さらに、住民の生活を脅かしているのが大きな雪庇(せっぴ)です。

 三上 侑希 記者:「千歳市の住宅街です。大雪の影響で道の幅は狭くなり、屋根には大きな雪庇が張り出し、大変危険な状態です」

 2月24日は、千歳市で、プラス1.3℃まで上がり、雪庇が解けていまにも落ちそうな危険な状況です。

屋根の上には今にも落ちそうな"大きな雪庇"が

 雪下ろし中の男性:「雪が落ちてきたらガラスが割れてしまう。もうどうしようもない。雪の捨て場もない」

 千歳市民:「つららがあるから怖い」

 千歳市民:「屋根の上に登っての事故は多い。滑るから乗らないことにしている」

 除雪業者によりますと、雪庇は暖房などで解けて凍ってを繰り返し、固く、重くなります。

 大きな氷の塊が落下…かなりの衝撃です。

 除雪業者:「30センチくらいある。これがどんと落ちたら家の壁が傷つくとか穴が空いちゃうので、窓ガラスとかだと家の中に入ってしまう」

  • みんテレ