北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

札幌駅から一駅「北海道住みここちランキング」第2位 "桑園エリア"…再開発でさらに魅力アップへ

道内経済 コラム・特集 友だち追加

 JR札幌駅から一駅の札幌市中央区・桑園エリア。北海道の「住みここちランキング」第2位の街が変わろうとしています。マンションの建設や、JRによる再開発が進んでいるんです。その未来図は?

 桑園エリアの住民:「買い物もすぐできるし、病院も郵便局も銀行もあるのがすごくいいところ」

 桑園エリアの住民:「すごくいいですよ。交通の便もいいし、大型商業施設も病院もあるし、困ることは何もない」

 住民が口をそろえて住みやすいというこの街は、北海道内の「住みここちランキング」第2位。この人気エリアが大きく変わろうとしています。その魅力に迫ります。

 JR桑園駅の目と鼻の先に建設中の分譲マンションです。

JR桑園駅の目と鼻の先に建設中の分譲マンション

 長谷工不動産 札幌営業所 小野 亮司 所長:「こちらがリビングです。部屋からは円山や手稲山、三角山が見えます。上層階は眺望もよくて、日当たりと風通しもいい」

 ブランシエラ札幌桑園。床暖房機能を備えたリビング。室内を広く使えるように引き戸となっている扉。広々とした浴室。主にファミリー層を想定した最新の分譲マンションです。14階建てで間取りは2LDKから4LDK。価格は3000万円台からですが…。

リビングからは円山・手稲山・三角山が望める

 長谷工不動産 札幌営業所 小野 亮司 所長:「4LDKは4800万円台から。最高価格は、5900万円台です」

 最上階には6000万円に迫る物件も。このマンションを手がける長谷工不動産は現在、桑園を含む札幌市内4か所でマンションを建設中です。特に桑園は魅力的なエリアだといいます。

 長谷工不動産 札幌営業所 小野 亮司 所長:「JR札幌駅から一駅のJR桑園駅から徒歩約3分。周辺には商業・教育・医療施設がそろっているのが一番の魅力。再開発の計画もあるので、発展性があるエリアだと思っています」

かつては倉庫街だったが市立病院の移転・大型商業施設開業で街の様子が変化

 かつては倉庫街だったJR桑園駅周辺。しかし1995年の市立札幌病院の移転や、2002年に大規模商業施設が開業したことにより街の様子が変わりました。2021年、大手不動産会社「大東建託」が発表した「街の住みここちランキング」では道内第2位に。

 三宅 真人 記者:「駅の前には大型商業施設、周りにはマンションも立ち並ぶこの人気エリア。さらに変わろうとしています」

 札幌市中央区北3条西12丁目にはスーパー銭湯などがありましたが、JR北海道が15階建て分譲マンション2棟の建設を進めています。この近辺には少ない商業施設やフィットネス施設も入る予定で、2025年春の完成予定です。

スーパー銭湯跡地には15階建てマンションが

 付近の住民:「スーパーマーケットは絶対いいと思う。コンビニはいくつかあるけど、マンション街だから高齢者が多いのでいいと思う」

 また、JR北海道は桑園駅から徒歩5分ほどの社宅を取り壊し再開発する予定です。規模は1万2000平方メートルに及び、跡地には商業施設や分譲マンションの建設が検討されています。

JR北海道は社宅を取り壊し再開発する予定

 付近の住民:「人口が多いわりに飲食店が少ないというイメージがあるので、新しい店舗ができたらいいなと思う」

 付近の住民:「子どもが遊べる施設がもっとできれば。“ママ友”を作りたいので」

 桑園エリアの魅力がさらに増しそうです。

  • みんテレ