北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

増える「空き家」を再活用 リノベーションで街を活性化…観光地“函館”の試み 移住やUターン起業も

コラム・特集 友だち追加

 観光名所が並ぶ北海道函館市の西部地区。

 人口減少のあおりを受け、空き家が増加しています。

 その空き家を再活用して、衰退に歯止めをかけようという試みが進んでいます。街はよみがえるのでしょうか

 函館山の麓に広がる観光スポット、函館市西部地区。

 赤レンガ倉庫群や旧函館区公会堂など、明治から昭和初期にかけての建造物が人気ですが…。

 水上 孝一郎 記者:「レトロな街並みが人気の函館市西部地区ですが、人口減少が進み空き家の増加が課題となっています」

 長年使われていない空き家は北海道内で15万7000軒以上に上り、年々増えています。

人口減少が進み空き家の増加が課題に

 函館市でも駅前から西部地区にかけての一帯で400軒以上。市全体の3割に及びます。

 函館市の不動産会社「蒲生商事」。

 東京などで働いた後2013年にUターンした常務の蒲生寛之さんです。

2013年にUターンし西部地区の空き家再生などの街づくりを行う

 西部地区の空き家再生など街づくりの活動を続けてきました。

 蒲生商事 蒲生 寛之さん:「まだ使える空き家に価値を見いだして、人と建物をかけ合わせたときに何が生まれるのか。観光地として有名な一方で、暮らしの活力が衰えている現状をどうにかできないかと感じて、西部地区の魅力をどう伝えて磨いていくかに取り組んでいる」

 空き家に新たな価値を与えるリノベーション。

 蒲生さんは大正時代に生命保険会社として建てられたビルを、2017年に宿泊施設やシェアオフィスなどが入る複合施設に改修。

宿泊施設やシェアオフィスなどが入る複合施設に改修

 街の活性化を目指し交流拠点づくりに力を入れてきました。

 そして、コロナ禍によりテレワークが浸透したことで新たな動きが。

 蒲生商事 蒲生 寛之さん:「2020年ごろから移住の相談件数や、市内在住者が西部地区で店を開きたいなどの相談や成約の件数がかなり増えている。働く場所を選ばなくなった人が結構増えた」

 リノベーションで魅力的な店舗が続々誕生!函館の街が変わります。

 観光スポットとして人気を集める一方で、長年使われていない空き家を多く抱える、函館市の西部地区。

  • みんテレ