北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

ファイターズ新球場 レフトスタンドに“サウナ”… なぜそこに 野球だけではない楽しみ方

コラム・特集 友だち追加

 2023年3月に開業予定の北海道日本ハムファイターズの新球場。その中にサウナができることが発表されました。なぜボールパークにサウナなのか? その謎に迫りました。

 11年ぶりにロゴとユニフォームを一新した北海道日本ハムファイターズ。北海道北広島市に建設中のボールパークでも、斬新な施設が計画されています。

 その一つがレフトスタンドにできる「タワーイレブン」。ホテルや温泉、サウナが併設されます。そこには野球だけではなく新しいボールパークの可能性が秘められていました。

 建設中のボールパークで、新しい施設に関する会議が行われました。

ボールパークの新しい施設に関する会議

 SQUEEZE 社長 舘林 真一さん:「ホテルの客や、サウナや温浴だけ利用する人も想定しないと」

 北海道日本ハムファイターズ ファシリティクリエーション部 小川 太郎さん:「試合がある日とない日で運用が変わると、なかなか大変ですよね」

 球団職員の小川太郎さん。新球場にサウナの仕掛け人です。もともとは大手商社に勤務していましたが、ボールパーク構想に共感し5年前にファイターズに転職しました。

サウナ併設の仕掛け人

 一体どんなサウナになるのでしょうか?

 北海道日本ハムファイターズ ファシリティクリエーション部 小川 太郎さん:「最大で30人くらい。水着を着用して男女いろいろな人で楽しめる空間に」

 サウナの外部には特別なシートも。

 北海道日本ハムファイターズ ファシリティクリエーション部 小川 太郎さん:「“ととのえテラスシート”という名前で、サウナや水風呂に入ったあと外気浴で休憩をする空間。本当にフィールドがよく見える、試合展開を追える座席」

ととのえテラスシート

 サウナができるのはレフトスタンドに建設される「タワーイレブン」という5階建ての施設です。

「タワーイレブン」

 ダルビッシュ投手や大谷選手の背番号にちなみ名付けられました。球団によると世界で初めての球場内にあるサウナだといいます。

 北海道日本ハムファイターズ ファシリティクリエーション部 小川 太郎さん:「休憩したり集まったりできるスペースも作ろうということで、バーカウンターでオリジナルのビールや軽食を楽しみながら、友人や家族とくつろげる空間も」

  • みんテレ