北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

海外の宝くじに「4億円当選」…手数料名目で"約7年間"現金だましとられる 80代女性400万円被害か

事件・事故 社会 友だち追加

女性のもとに届いた実際の書類(提供:北海道警)

 海外の宝くじの賞金を受け取るための手数料として、80代の女性が現金6000円をだまし取られる詐欺事件があり、警察が捜査しています。

 1月、北海道札幌市白石区に住む80代の女性のもとに、「オーストラリアの宝くじの賞金担当役員」を名乗る人物から「賞金の財務書類に関する最終通知」などとタイトルがついた書類が郵送で届き、中には「宝くじで約4億円が当選した」との内容が書かれていました。

 同様の書類は3つの会社から届いていて、いずれも「賞金を受け取るためには手数料が必要」との内容があったため、女性は手数料として各2000円を返信用の封筒に入れて郵送。計6000円をだまし取られました。

女性のもとに届いた実際の書類(提供:北海道警)

 1月19日に女性から事情を聴いた人物が不審に感じ警察へ相談したことで、事件が発覚しました。

 警察によりますと女性のもとには2015年ごろから毎週のように同様の内容が書かれた書類が届き、女性は"手数料"を支払い続けていて、被害総額は約400万円に上るとみられています。

 警察は詐欺事件として捜査するとともに、「『宝くじなどの高額賞金支払いのために手数料などが必要です』などというメールや郵便物が届いた場合、詐欺である可能性が極めて高いことから、1人で判断せず、警察に相談してほしい」と注意を呼びかけています。

  • みんテレ