北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

記録的な大雪で“落雪“や“屋根の雪下ろし”の事故多発 死者相次ぐ…被害にあわないために 専門家が警鐘

コラム・特集 友だち追加

 大雪に見舞われた北海道では、落雪や屋根の雪下ろし中の死亡事故が相次いでいます。「自分は大丈夫」という思い込みが危険です。落雪から命を守るためにはどうすればいいのでしょうか?

 1月18日、北海道網走市では雪の中に人が埋まったという想定で、警察による救出訓練が行われました。

雪に埋まった人を助ける救出訓練

 1月13日には北海道旭川市で、74歳の男性が屋根からの落雪で死亡。また、札幌市南区では90歳の男性が雪下ろし中、落雪に巻き込まれ転落し死亡しました。

 1月13日から17日までの5日間、北海道内では落雪や転落で7人が死亡しています。

 屋根からの落雪による事故が多発した背景には、気温が関係しています。

 北海道科学大学 建築学科 千葉 隆弘 教授:「プラス1℃まで気温が上がった。金属製の屋根が多いので、雪が凍りついていないとすぐに滑り落ちる。落ちてきた雪に埋もれてしまった」

気温が上がると金属製の屋根は雪が滑り落ちやすい

 比較的気温の高い日に家の周辺を除雪中、屋根からの落雪に巻き込まれる事故が起きています。身を守るために、どうしたらいいのでしょうか?

 北海道科学大学 建築学科 千葉 隆弘 教授:「必要以上に除雪をしない。人が通れて車が止められる程度で十分」

軒先から50センチ程度は除雪せず近づかないことが大切

 軒先は特に危険です。最低でも軒先から50cm程度は除雪せず、近づかないようにすることが必要です。また、気温の高い日は建物近くでの雪かきは控えましょう。

 屋根の雪下ろし中の事故は、比較的古い住宅でリスクが高まるといいます。

 北海道科学大学 建築学科 千葉 隆弘 教授:「1970年代に建てられた住宅の屋根は勾配が緩い。雪がなかなか滑って落ちない。さらに勾配が緩いので、容易に屋根の上に人が上がりやすい」

 1980年以降に建てられた住宅は、屋根に30度から45度の勾配があり、自然に雪が落ちやすくなっています。また、雪下ろしの必要がない無落雪住宅も普及しました。

  • みんテレ