北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

【ファイターズ】元選手 谷口雄也さん 球団事務所で第二の人生 SNSフォロワー"29万人超"にも期待

スポーツ スポーツ 友だち追加

球団事務所に向かう谷口雄也さん札幌市豊平区=2022年1月5日)

 2021年、惜しまれながら11年間の現役生活に幕を閉じた元北海道日本ハムファイターズ選手の谷口雄也さん(29)。2022年から球団職員として働く"初出社"を密着、第二の人生に向けた決意を語ってくれました。

 「おはようございます」

 1月5日午前8時30分、雪が降る札幌市豊平区の球団事務所に、谷口さんが"球団職員"として初出社しました。

 谷口 雄也さん:「すごく緊張しています。新しい仕事が始まるのと、違った形でファイターズに関わることで何ができるのか、いろいろな思いがあります」

 出社後、新年の社長朝礼後に紹介を受けた谷口さんは、緊張した面持ちで同僚たちに着任の挨拶をしました。

緊張な面もちであいさつをする谷口さん

 谷口 雄也さん:「選手時代はたくさんのサポートをしていただき、ありがとうございました。また、みなさんと仕事をできることに喜びを感じています。2つの部署を兼務する中でたくさんご迷惑をおかけすると思いますが、温かい目でよろしくお願いします」

 谷口さんが任された仕事は2つ。1つはベースボールアカデミーのコーチとして、北海道の野球少年少女たちに指導をすることです。

選手から球団職員へと第二の人生が始まった

 谷口 雄也さん:「現役時代も後輩に何か聞かることには関心を持っていた。年齢が下がる中で教え方、言葉選びはこれから勉強になってくることがある。学びながらやっていきたい」

 元プロ野球選手が多く在籍しているベースボールアカデミー。なかでも谷口さんは2021年まで現役、人気選手だったこともあり、アカデミーの子どもたちにも"プロ野球選手"としてのイメージが強く残っています。

 ベースボールアカデミーのコーチで、先輩となる牧谷宇佐美さん(元ヤクルト)も期待を寄せています。

 牧谷 宇佐美さん:「コーチとして指導もそうだし、参加者の満足度も上がる。手を付けられなかったSNSなどの発信力を、OBとして期待している」

 谷口さんは、ツイッターのフォロワーが"29万人以上"のインフルエンサーとしての側面もあります。

 任された2つ目の大きな仕事は、そのSNSも活用した2023年開業予定の新球場「エスコンフィールドHOKKAIDO」のPR活動です。

 谷口 雄也さん:「新球場が出来る中で、ファイターズファン、プロ野球ファンに対してたくさんの魅力、ワクワク感をPRができたらいい。元選手、谷口だから出来ることがあると思う。僕自身も一人の人間、北海道の人間として楽しみ。ユニフォームを抜いで、これ(スーツ)がユニフォームになる。ファイターズの魅力を別の形で伝えられたら」

 引退を契機に北海道民となり、新たな生活、新たな職場で第二の人生を歩み始めた谷口さん、未来を見据えたその目は輝いて見えました。

  • みんテレ