北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

"3回目接種"に向けて医療従事者・高齢者始まる…集団会場&専門クリニックでも まだ「接種率0.8%」

社会 友だち追加

 全国的な感染拡大の要因となっているのが、変異株「オミクロン株」です。

 オミクロン株にも有効とされる、3回目のワクチン接種が、北海道函館市の病院で高齢者の接種が始まるなど、北海道内でも加速しています。

 3回目接種した函館市民:「非常に安心です。早く打ててよかった」

 北海道函館市の病院では、1月17日から一般の高齢者が対象の「3回目の接種」が始まり、約150人が接種しました。

 北海道函館市では、今後も2回目の接種から6か月経過した人を対象に順次、接種券を送付します。

 国立病院機構函館病院 加藤 元嗣 院長:「できる限り、多くの市民の方に3回目を早く打ってもらうことに、病院としては全力をあげてやっている」

 また札幌市白石区の「札幌コンベンションセンター」では、17日からモデルナ社製ワクチンの集団接種を開始。

 3回目の接種を希望する医療従事者で、勤務先での接種が難しい人などが対象です。

 接種に来た女性:「(2回目接種から)8か月経っているので、できるだけで早くしようと思った」

 札幌市では、2月5日から一般の高齢者の接種が始まります。

 一方札幌市豊平区では、ワクチン接種専門のクリニックが開業しました。

「ワクチン専門クリニック」も開業

 薬の処方など保険診療は行わず、新型コロナのワクチン接種だけを専門に行うクリニックで、医療関係者など50人ほどが訪れました。診療は午前のみだということです。

 かしわばワクチンクリニック 丸一 勝彦 院長:「オミクロン株がものすごいスピードで広がっているので、(ワクチンを)早く打ちたいと希望する人には、少しでも早く打てるよう目指しています」

 また、同市中央区でも同様のクリニックが開業し、2月2日から一般の高齢者接種を開始する予定です。

医療従事者や高齢者から順次3回目接種へ

 3回目のワクチン接種の状況です。

 北海道内での接種率:2回目 79.1%(16日時点)
           3回目 0.8%(12日時点)

 当初は、2回目の接種から8か月以上経過していることが条件でしたが、6か月以上も認められることに変更されています。

1月:医療従事者、高齢者施設の入所者など(6か月以上)
2月:一般の高齢者(7か月以上)
3月:一般の高齢者(6か月以上)、その他の人(7か月以上)

  • みんテレ