北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

【速報】札幌市140人前後見通し…前年9月以来約4か月ぶり3ケタ 前週の同じ曜日の"5倍"規模に急増

社会 友だち追加

新型コロナウイルス

 札幌市で1月13日、新型コロナウイルスの新たな感染者が140人前後になる見通しであることがわかりました。

 100人を超えるのは「緊急事態宣言」中で142人だった2021年9月5日以来約4か月ぶりで、前週の28人の5倍規模になる見通しです。9日連続で前週の同曜日を上回りました。感染者の増加傾向が続いています。

 また旭川市でも13日は10人を上回る見通しです。旭川市で10人を超えるのは2021年11月17日以来、約2か月ぶりです。

 札幌市の人口10万人あたりの1週間の新規感染者数は1月12日は「18.6人」となっています。「まん延防止等重点措置」の要請の目安となるレベル2の3つの指標のうちの1つ「15人」に2日連続で達しています。

 札幌市で1月12日は新たなクラスターが「通所介護事業所」で5人確認され、学校関連での学級閉鎖などの発表はありません。

 札幌市の使用病床数は1月11日時点で確保病床444床のうち71床と約16%で、病院以外の宿泊施設や自宅で療養・待機している人は1月11日時点で274人と前日から17人増えました。

 北海道全体の感染者数は、1月12日は前週の同じ曜日を9日連続で上回り、5日連続で100人を上回りました。死者は確認されず、重症者は前日と変わらず、28日連続で「0」です。

 新たに「オミクロン株」は確認されず、これまでに判明している「オミクロン株」の感染者は、計48人(うち札幌市6人、旭川市1人、函館市1人)です。

 札幌市内のワクチン接種率は1月12日時点で、2回接種を終えた人が12歳以上で84.0%となり、65歳以上の高齢者は93.2%、12~19歳は68.4%となっています。

 札幌市ではホームページで各会場の予約状況を公表するとともに、早めの接種検討を呼びかけています。

 北海道は国の「ワクチン・検査パッケージ」に伴い、健康上の理由でワクチン接種を受けられない人が同制度や飲食・イベント・旅行・帰省などで陰性の検査結果を確認に対応するため、12月27日から無料のPCR検査や抗原検査を行う場所の運用を開始しています。

 「オミクロン株」の確認に伴い、ワクチン接種の有無に関わらず1月8日~2月7日までは「無症状」でも受け付けています。

 1月12日午後5時現在の検査箇所は、北海道庁のホームページから確認できます。北海道薬剤師会の薬局や新千歳空港、旭川空港、函館空港に加え、札幌市、旭川市、函館市、小樽市、岩見沢市、江別市、千歳市、北広島市、室蘭市、苫小牧市、士別市、赤平市、稚内市、北見市、網走市、帯広市、釧路市、洞爺湖町、倶知安町、由仁町、安平町、厚真町、新ひだか町、幕別町、東神楽町、天塩町、利尻町、小清水町、滝上町、釧路町、中標津町、白糠町、七飯町、江差町の医療機関や薬局など計92か所に増え、順次拡大しています。

 北海道は「まん延防止等重点措置」の対象の広島県、山口県、沖縄県との不要不急の往来自粛を求めるとともに、基本的な感染防止行動の徹底を呼びかけています。

【12月25日以降の北海道の新規感染者数(札幌市分)】
 12月25日: 22(15)
 12月26日: 22(14)
 12月27日: 11(11)
 12月28日: 20(15)
 12月29日: 26(14)
 12月30日: 32(19):約1か月半ぶり30人台
 12月31日: 21(12)
  1月 1日: 23(15)
  1月 2日: 16(12)
  1月 3日: 10(7):札幌10日ぶり1ケタ
  1月 4日: 26(9):北海道内で「オミクロン株」初確認
  1月 5日: 34(26):6日ぶり30人台
  1月 6日: 74(28):約3か月半ぶり70人台
  1月 7日: 94(46):約3か月半ぶり90人台、新たに「オミクロン株」11人確認
  1月 8日:132(60):約4か月ぶり100人超える、新たに「オミクロン株」札幌で3人確認
  1月 9日:117(48):2日連続100人超える、新たに「オミクロン株」札幌で2人確認
  1月10日:106(51):3日連続100人超える
  1月11日:117(60):「オミクロン株」旭川市と函館市で初確認 道内計48人に
  1月12日:197(71)

  • みんテレ