北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

腰痛にならない"雪かき"法 専門家が伝授「背中はまっすぐ、スコップは上から握り、胸より高く上げない」

くらし・医療 友だち追加

 連日の雪かきで、腰の痛みに悩まされている方も多いのではないでしょうか。特に湿った雪だとなおさらです。

 Do-Clinic 山崎 肇 副院長:「毎年冬になると雪かきが原因の腰痛で来院する人が増える」

 腰を痛めない雪かきの仕方をリハビリや運動機能向上に詳しい専門家に聞きました。まず第1のポイントは「姿勢」です。

 Do-Clinic 山崎 肇 副院長:「雪かきの姿勢自体が体に負担のかかる動作が多く、腰を曲げる状態はかなり腰に負担がかかってくる」

まっすぐ立った状態の背骨

 まっすぐ立った状態を横から見た時の背骨です。下の方でカーブしているのが腰。このように腰を曲げた状態で雪かきを続けると、腰の筋肉で体全体を支えることとなり腰痛を引き起こしやすくなるのだといいます。

 それでは、どのような姿勢がいいのでしょうか?

 Do-Clinic 山崎 肇 副院長:「体はまっすぐのまま、股関節と膝を曲げて雪かきをすると良い」

おなかの筋肉を意識し体を丸めず背中はまっずぐに

 "身体を丸めず背中はまっすぐ"。腰ではなくお腹の筋肉を使います。

 太ももの付け根からお辞儀をするように膝を曲げ、お腹と足の力で身体を支えます。雪を持ち上げるときは膝を伸ばすようにしてください。

 そして、腰痛を防ぐ第2のポイントは「雪を投げる動作」です。

スコップは胸より高く上げない

 Do-Clinic 山崎 肇 副院長:「スコップは"胸より高く上げない"こと。高く上げようとすると腰が反りやすくなる」

 「また"同じ方向ばかり投げない"こと。一つの方向だけだと、その筋肉だけが負担がかかるので逆方向でもやること」

 第3のポイントは「スコップの握り方」です。

 Do-Clinic 山崎 肇 副院長:「スコップを握るときは小指側の力が重要になる。力の入り方が変わる」

スコップの柄を上から握ることで力が入りやすい

 "上から握る"ことで、力まずに力を入れることができます。その結果、足腰への負担が少なくなるというのです。

 そして、最後のポイントは「準備運動」。寒い朝に体が冷えた状態で雪かきを始めると…

 Do-Clinic 山崎 肇 副院長:「固まっている筋肉がいきなり伸ばされるので、非常に筋肉に対する負担は大きい」

 雪かきはテニスやバレーボールなどと同じ強度が体にかかるハードな全身運動なんです。スポーツの前には皆さん、準備運動を行いますよね?雪かきの前にもそれが必要なんです。

  • みんテレ