北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

北方領土で"地対空ミサイル"発射訓練 敵機の領空侵入を想定…ロシア軍備増強アピール 日本への圧力か

政治 友だち追加

北方領土の択捉島などに配備されている地対空ミサイル「S300V4」(提供:ロシア国防省)

 ロシア軍の極東地域を管轄する東部軍管区が1月8日、北方領土と千島列島(クリール諸島)で地対空ミサイル「S300V4」の発射訓練を行ったことを明らかにしました。

 東部軍管区は今回の訓練の詳しい場所は明らかにしていませんが、「S300V4」を2020年12月に初めて配備した択捉島などで行ったとみられます。

 ロシアメディアによりますと、訓練では敵機が領空に侵入した想定で、標的を検知、識別、追跡、電子プログラムでミサイルを発射しました。

 この地対空ミサイルは弾道ミサイルや航空機などに対する迎撃能力が高いとされていて、射程は約400キロとみられます。

 ロシアはオホーツク海にいる自国海軍の安全の確保と太平洋でのアメリカ軍の動きを抑止するため、北方領土の軍事拠点化を進めています。領土交渉をめぐっては、北方領土にアメリカ軍の基地ができることを認めない姿勢を示しています。

 今回の訓練は軍備増強を国際社会にアピールするとともに、日本に圧力をかける狙いもあるとみられます。

  • みんテレ