北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

寒さ厳しい時期「ヒートショック」に注意 "寒暖差"で血圧乱高下 心筋梗塞・脳梗塞の危険も…対策は

くらし・医療 コラム・特集 友だち追加

ぬるめの風呂や半身浴も良い

 高齢の両親や祖父母などに注意喚起し、予防策を徹底しましょう。

 特に危険な高齢者の入浴の際、同居の場合は家族が見守るなどの対策が取れますが、離れて暮らしている場合にはどうしたらいいのでしょうか?

 北海道医療大学 小林 正伸 学長補佐:「独居の人は風呂に入るときは電話で連絡を先に入れておく。安全を保つことが大切」

入浴の前後のこまめな連絡が大切

 入浴の前後に連絡を取るなどして安全を確認。

 体調の変化などがあったら、迅速に対処しましょう。

「ヒートショック」に注意が必要な人は…

 誰にでも危険性がありますが、特にヒートショックに気を付けなければならないのはどのような人なのか。チェックシートがあります。

・65歳以上
・基礎疾患がある(高血圧、糖尿病、動脈硬化など)
・メタボや肥満
・浴室や脱衣所に暖房がない
・熱い風呂(42度以上)が好き
・一番風呂が多い
・長湯(30分以上)が多い
・飲酒後の入浴が多い

 この中で4つ以上当てはまる場合は「要注意」です。こまめに声をかけあって、ヒートショックを防ぎましょう。

  • みんテレ