北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

高層ビル続々…進む札幌中心部の再開発 北海道の"文化発信"した「4プラ」は50年惜しまれつつ閉店へ

道内経済 コラム・特集 友だち追加

 新幹線の札幌延伸に2度目のオリンピック誘致。北海道を劇的に変えた1972年の冬季オリンピックから50年。札幌を中心に再開発計画が進んでいます。

 生まれ変わろうとする札幌で、北海道の若者に「トレンド」を発信し続けてきたあるビルが間もなく、役割を終えようとしています。

 女性:「行くところがなくなるから悲しい」

 男性:「小さいころからびっしり来ていた。なくなるのはすごく悲しいですね」

 女性:「寂しいのと新しい建物がどんなのかなという期待と」

再開発ラッシュを迎えた札幌中心部

 再開発ラッシュを迎えた札幌中心部。北海道新幹線の札幌延伸が予定されている2030年に向けてビルの建て替えが進み、街並が大きく変わります。

 一方、始まりがあれば終わりも。「4プラ」の愛称で親しまれた、札幌・大通地区のファッションビル「4丁目プラザ」が、1月末、50年の歴史に幕を下ろします。

 飯塚 優子さん:「(1972年の)冬季五輪を境にして新しくなった札幌のまちの象徴的なものだと思う。4丁目プラザは」

 和田 由美さん:「ファッションだけではなく文化の集まるところでもあった」

 札幌のトレンドを発信し続け、時代を築いた4丁目プラザ。その歴史を振り返ります。

 初売りに来た人:「6時半くらいに家を出ました。パセオですごく買い物します」

 初売りに来た人:「服を買いました。お正月だったので初売りを楽しみにしていました」

「パセオ」2022年初売り

 JR札幌駅に隣接する商業施設「パセオ」のJRタワーバーゲン。初日の2日は開店前から多くの人が列を作り、洋服や雑貨などを買い求めました。この恒例の初売りは2022年が最後です。北海道新幹線の新駅建設工事の影響で、9月末の閉店が決まっています。

 土井 若楠 記者:「エスタの場所に高さ約250メートルの建物が、西武の跡地には200メートルの建物ができる予定です。そして駅前通では、その他のビルの建て替えも進んでいます」  

 パセオに隣接するエスタも2023年夏に閉店。札幌駅周辺では2030年の北海道新幹線札幌延伸を見据え、大小合わせて10件ほどのビルが新設される見通しです。さらに…

 土井 若楠 記者:「大通公園の南側でもビルの建て替えや新築工事が行われ、再開発が進んでいます」 

  • みんテレ