北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

鈴木知事が見た"2021年北海道"「コロナ禍での発信」に苦悩…オミクロン、牛乳チャレンジについて語る

政治 社会 道内経済 くらし・医療 友だち追加

牛乳大量廃棄の危機 酪農家は牛の処分も…

 そして、年末を迎えた今…。

 鈴木知事:「生乳も年末年始において5000トンくらい大量廃棄の可能性がある」

 新型コロナによる需要低迷に加え、年末年始の休校で学校給食の消費が落ち込み、生乳が全国的にも大量廃棄される懸念が高まっているのです。

 十勝地方の豊頃町にある牧場では1600頭の牛を育てていますが、年末年始や2022年度に向けて搾乳の抑制指導を受けたといいます。

 酪農家 井下 英透 さん:「乳量を減らすために餌を減らすとか、牛の処分もしないといけなくなる。そういったことはしたくない」

SNSで牛乳消費を呼び掛ける鈴木知事

 こうした酪農家たちを助けようと道内各地で牛乳を「ウェルカムドリンク」として提供するなど消費を加速させるさまざまな取り組みが行われています。

 鈴木知事も牛乳の消費拡大に一役!

 鈴木知事のSNSより:「ゴクゴク…うまい!」

 鈴木知事:「酪農王国北海道として、2500万人の方がコップ1杯牛乳を飲むと5000トンの廃棄を避けられる」

 鈴木知事:「じゃあ、牛乳よろしくお願いします。」

 八木 隆太郎 アナ:「これあれですか?各局のみなさんに知事は牛乳チャレンジの話をされている?」

 鈴木知事:「いや、しないですね。UHBさんしか…ははは」

 八木 隆太郎 アナ:「これは責任をもってやらないといけないですね」

知事の呼びかけでアナウンサーも牛乳チャレンジ!

 ということで鈴木知事、UHBアナウンサーもしっかりと牛乳チャレンジに協力させて頂きました。

 「うまい!」

 ぜひ、みなさんも牛乳チャレンジご協力ください。

  • みんテレ