北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

鈴木知事が見た"2021年北海道"「コロナ禍での発信」に苦悩…オミクロン、牛乳チャレンジについて語る

政治 社会 道内経済 くらし・医療 友だち追加

 新型コロナウイルス対応に追われる中で迎えた東京オリンピック。さらには赤潮対応と、北海道にとって、厳しい判断を迫られた2021年。

 新たな変異株で再び感染拡大への懸念が広がる中、鈴木知事が取材に応じ2021年を振り返りました。

 話を伺ったのは大学の後輩でもある八木隆太郎アナウンサー。

 今年1年を知事はどう総括するのでしょうか。

コロナ禍と五輪について振り返る鈴木知事

 鈴木知事:「今年、新型コロナウイルスの対応もありながらですけど、このコロナ禍でどうやってそれぞれが持った強みをどう発信していくのか、磨き上げていくのか、考えた1年でもあった。そこは取り組めた1年でもあった」

 感染拡大が続く中で迎えた東京オリンピック・パラリンピック。

 札幌開催では北海道の魅力を世界に発信できたと話す一方…。

 八木 隆太郎 アナ:「条件付きで観覧できる話が進む中、一転して無観客を決断。この裏にはどんな背景があった?」

 鈴木知事:「移動の時みんな空港で検査とか、そういうことはできるのかと。私は(IOCに)いろんなことを提案した。でも"全部できない"と。じゃあ"これ無理でしょう"と」

 鈴木知事:「確かこれ夜の10時くらいですよね。まさかオリンピックの観客を入れる、入れないということまで、判断することになるとは思わなかった」

オミクロン株にどう対応するか

 そして、この時と同じく再び感染拡大が懸念されているのが新たな変異ウイルス、オミクロン株です。

 鈴木知事:「オミクロン株については早期探知、介入が非常に重要。道外の方とか感染経路不明は原則すべてゲノム解析する。一方で、どうしても波は起きる前提で構えていかないといけない。4月と比べ2.5倍、3万4000件くらい1日で(検査を)回せるよう確保したので、医療提供体制、こういうものをしっかりやりながら、3回目のワクチン接種をしっかりやっていくことが大事」

 さらに、北海道に追い打ちをかけたのが、相次ぐ一次産業への被害。道東を中心に突如発生した赤潮。水産被害は約80億円となる見込みです。

  • みんテレ