北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

「鉄道維持かバス転換か」北海道新幹線の札幌延伸でどうなる並行在来線…後志地方の沿線自治体が意向表明

政治 社会 道内経済 友だち追加

UHB 北海道文化放送

 北海道新幹線の札幌延伸に伴い、JR北海道から経営分離される"並行在来線"の存廃について、後志地方の沿線自治体が12月27日対策会議に参加し、それぞれの意向を初めて表明しましした。

 北海道新幹線の札幌延伸に伴いJRから経営分離される「函館~小樽」間の並行在来線をめぐっては、存廃について後志と渡島ブロックに分かれ協議が進んでいます。

 12月27日に倶知安町で開かれた後志ブロックの会合には、小樽市や余市町など沿線9市町が参加。「鉄道維持かバス転換か」についてそれぞれ意向を表明しました。

 この中で倶知安町、共和町、仁木町、長万部町は「バス転換」を容認する姿勢を示しました。

 一方、余市町は小樽市への通勤や通学で利用者が多いことから「鉄道維持の立場」を表明しました。

 そのほか小樽市、黒松内町、蘭越町、ニセコ町は住民への説明や議会の議論にまだ時間が必要だとして態度を保留しました。

 次回会合は2022年1月にも開かれ各自治体の意向を改めて集約する方針です。

  • みんテレ