北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

「2021年いろいろありました」おぼえていますか? 北海道ニュース 良いことも楽しいことも辛いことも

事件・事故 政治 社会 道内経済 くらし・医療 友だち追加

2021年 北海道の主な出来事

 2021年も残りわずか。1年を振り返ると北海道内では様々な事がありました。

 良いことも、楽しいこと、辛いこともたくさんありました。

1月~4月

 1月には、池田町出身の西條奈加さんが「心淋し川」直木賞受賞。

 3月には、道内が大雪となり公立高校の入試が初の延期となりました。

 4月には、ドラマ「北の国から」などで活躍した俳優の田中邦衛さんが3月に亡くなっていたことがわかりました。ドラマの舞台となった富良野市の献花台には連日多くのファンが訪れました。

5月~8月

 5月には、新型コロナが猛威を振るい2度目の緊急事態宣言が出されました。21日には道内のコロナ感染者が2021年最多の727人に上りました。

 6月には、札幌市東区の住宅街にヒグマが現れ男女4人を襲い重軽傷を負わせました。住宅街をクマが駆け回り、街は騒然としましたが、最後は猟友会によって駆除されました。

 7月から8月にかけて、今年の夏は厳しい暑さとなりました。観測史上初となる15日連続で35℃以上の猛暑日を記録。クーラーが飛ぶように売れました。

 8月には、札幌市内で東京オリンピックのマラソン・競歩が行われたが、猛暑で競技前日に急遽女子マラソンのスタート時間が繰り上げられる事態となりました。札幌市も初めて4日も熱帯夜となり寝苦しい日々が続きました。

9月~12月

 9月には、道東を中心に赤潮が発生。影響は甚大で海産物の値上がりが続いています。

 10月には、ガソリン価格が高騰。レギュラーで1リットルあたり160円台となりました。

 11月には、明るい話題がありました。北海道日本ハムファイターズの監督に新庄BIGBOSSが就任。経済効果は60億円とも言われました。「優勝なんか目指さない」などの発言も注目されました。

  • みんテレ