北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

コロナ禍2度目の年末 少しずつ活気戻る札幌ススキノ…"人手不足"続く飲食店 & 働き続ける選択の理由

社会 道内経済 くらし・医療 友だち追加

 北海道札幌市「ススキノ」。日本を代表する歓楽街が、コロナ禍で深刻な人手不足に直面しています。苦悩を抱えながら、何とか乗り越えようと挑む人たちの姿がありました。

 コロナ禍で迎える2度目の忘年会シーズン。時短営業も終わり、ススキノには少しずつ活気が戻ってきました。

 70代会社員:「少人数でやるのがいい」

 大学1年生:「コロナの時は全然(ススキノ)に来てなかったが、コロナが落ち着いてきて"まあいいか"ということで来ています」

 ススキノの人出は営業時間の短縮要請が全面解除された10月から右肩上がりとなっています。

10月からのススキノの人出

 人気メニューの厚切りジンギスカンを求め、客が徐々に戻ってきたジンギスカン店。

 予約客がゼロという辛い時期も何とか乗り越えてきましたが、いまは…

 北海道ジンギスカン蝦夷屋 北山 茂誉さん:「予約時点で50名さま。それでも例年に比べると半分。良い時で7割」

 大口の団体客は見込めず、少人数での来店が目立ちます。

 いざ営業がはじまると…

 「(階段駆け上がって)お待たせしました。梅酒ジンジャーのお客さまー!」

 接客対応に追われ、慌ただしい雰囲気に…背景にはススキノに重くのしかかる人手不足がありました。

 客が戻り始めたススキノのジンギスカン店。店内にはこの店を抱えるグループ会社の青木 康明社長がいましたが、自らドリンクを作るなどして何とか店を回しているのが現状です。

APRグループ 社長 青木 康明さん

 これまでの休業要請や時短営業は1年近くにわたり、コロナ前、グループ全体で500人以上いたアルバイトは200人ほどにまで減ってしまいました。

 APRグループ 青木 康明 社長:「自分たちの職業自体も必要とされているのかどうかと感じた社員も多くいたし、楽しくアルバイトしていた人もいたが、シフトインさせてあげられず、非常に心苦しかった。休業要請に従うのは苦渋の決断だった」

 グループの25店舗のうち6店舗は人手が足りず、休業している状態です。

 牡蠣などの海鮮を売りにしているこちらの居酒屋。2020年4月から従業員不足のため営業を再開できず、アルバイトを募集していますが思うように応募は来ません。

 APRグループ 青木 康明 社長:「第6波がきた時にシフトに入れないかもしれない。そんなところに応募しない人の方が多いと思います。生活のために働きにくるアルバイトの方が多いので、コールセンターなど安定してシフトに入れる業種に応募しているのでは」

 こういった状況をマチの人はどう感じているのでしょうか。娘が飲食店でアルバイトしているという女性は…

 娘が飲食店バイト(50代):「8時くらいで店が終わり、出てこなくていいよと言われ困っていました。稼ぎたいのに稼げない」

 大学生:「去年はあまりシフトに入れず、辞めて今は違うところでバイトしてる。当時お金が厳しかった」

 道内でアルバイトなどの求人を紹介している会社です。ススキノの飲食店はどこも人手不足で求人が急増しているといいます。

 これはススキノの飲食店のアルバイト求人数の推移。道内で初めて新型コロナの感染が確認された2020年1月から求人数は激減しましたが…緊急事態宣言が解除されてからは、コロナ前を大きく上回るほど増加しました。

  • みんテレ