北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

「料金未納」メールがきっかけ…70代男性「会社員・警察官」名乗る男らから1130万円だまし取られる

事件・事故 社会 友だち追加

架空請求詐欺事件を捜査する北海道警室蘭署

 「ご利用料金のお支払い確認が取れていません」などと記載されたメールが届いたことをきっかけに、警察などを名乗る複数人の男から電話やメールが届き、男性が計約1130万円をだまし取られる詐欺事件がありました。

 架空請求詐欺の被害にあったのは、北海道室蘭市に住む70代の男性です。

 11月22日から12月10日にかけて、男性のスマートフォンに「ご利用料金のお支払い確認が取れていません」などと記載されたメールが届き、男性はメールに記載されている電話番号に問い合わせました。

 すると「NTTファイナンスサポートセンター」「ウェブサービス会社の社員」「警察官」を名乗る複数の男から「未納料金があるが、利用実態がないので支払いすれば95%が返金される」、「あなたのIPアドレスがランサムウェアに使われ多数の被害者が出ているが、サイバー保険に加入すれば賠償金を補償できる」、「被害者が自殺未遂をしたため、お金を支払う必要がある」などと言われ、電子マネー、口座振込、現金送付で7回に渡り合計約1130万円をだまし取られました。

 警察によりますと男性は「NTTファイナンスサポートセンター」や「ウェブサービス会社」「データ保護協会」「警視庁」を名乗る男と、電話などでやりとりをしていました。

 男性が不審に思い、18日に警視庁へ男が存在するか問い合わせたところ、同じ名前の男が存在せず、警視庁から警察に相談するよう促され、事件が発覚しました。

 男性は電子メールで30万円、口座振込で200万円、現金送付で900万円だまし取られたということです。

 警察は、架空請求詐欺事件として捜査するとともに、身に覚えがない請求には簡単に応じず、警察に相談するよう呼びかけています。

  • みんテレ