北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

津波の時も地震の日も…小さな食堂 年中無休"27年連続 1万日"達成 仰天の記録は大きな希望 函館市

道内経済 コラム・特集 友だち追加

 北海道函館市にある小さな食堂がコロナ禍を乗り越え、仰天の記録を打ち立てました。観光客が減り苦しむマチで、地域に愛される店が伝える逆境に負けないヒントとは?

 コロナ禍で観光客が激減した函館市。しかし、ベイエリア近くの定食屋から聞こえてくるのは元気な笑い声。

 「がははははっ」

 地域の人がこよなく愛する「たつみ食堂」。ある大記録の達成が迫っていました。

地域の人がこよなく愛する「たつみ食堂」

 たつみ食堂 店主 山田 征勝さん:「休まず1万日、27年4か月頑張りました」

 休まず店を開け続けてなんと27年、連続1万日。

 マチに津波が押し寄せた日も、ブラックアウトの日も店を開け続けてきました。そしてコロナ禍。それでも休みません。

 Q. とんでもない店に勤めてしまった?

 たつみ食堂 従業員 水嶋 妙子さん:「そうなんです、実際はそうなんです(笑)」

 その姿は、コロナ禍で傷ついたマチの光になっています。

 シエスタ ハコダテ統括責任者 岡本 啓吾さん: 「地域の人と関わりながら続けた1万日は代えがたいもの」

 そして、達成した大記録。

たつみ食堂 店主 山田 征勝さん

 たつみ食堂 店主 山田 征勝さん:「涙が出てきている。あれ、ティッシュなかったかな(笑)」

 27年間、休まずに営業を続けてきた函館市の定食屋「たつみ食堂」。

 前人未踏の大記録、連続営業1万日目の朝。店主の山田征勝さん(80)は、毎朝手を合わせる神棚に報告します。

 たつみ食堂 店主 山田 征勝さん:「1万日、達成することができました。ありがとうございます」

 無休営業を始めたのは、村山内閣が誕生した1994年。腰を痛め半年間休業した時、客が離れた苦い経験がきっかけでした。

 たつみ食堂 店主 山田 征勝さん(2005年当時):「(休むと)当然お客さんはいなくなりますよね。人並のことやったんじゃ勝てない。とにかく『たつみ』の名前を売ろうということで無休営業をスタートした」

  • みんテレ