きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

【ファイターズ】エース上沢直之が大台突破&今季初完投初完封の加藤貴之も大幅アップ

スポーツ 友だち追加

 北海道日本ハムファイターズは12月8日、近藤健介選手(28)ら7選手と契約更改を行い、エースの上沢直之投手(27)が1億円の大台を突破しました。

 ビッグボス風のサングラスをかけ撮影に応じる上沢直之投手。報道陣も、新庄新監督からSNSでオープン戦の監督に指名されたことに触れないわけにはいきません。

 上沢投手:
 「(監督指名は)驚きましたよ。めちゃめちゃ驚きました最初は。ファイターズの選手で“こうしようかな”と考えた時にチームのことを深く知るいい機会だと思ったので、やれるだけ考えてみようと思います」。

 チームトップの12勝をあげたエースは6500万円アップの1億5000万円でサイン。プロ10年目で1億円プレーヤーの仲間入りを果たしました。

 「プロ野球選手になった時からいつかは(1億円に)と思ってやってきたので10年かかりましたけどようやく達成できてよかったなという思いです」。

 そして、10月にはプロ初完投を初完封で飾るなど先発として活躍した加藤貴之投手(29)は1900万円アップの7300万円でサイン。

 新庄新監督の印象を聞かれると―

 加藤投手:
 「野球はもちろん、スーパースターのイメージしかない。すごかったです、オーラが」。

 チームでただ一人新庄監督と対戦経験のある金子弌大投手(38)。ビッグボスが“お立ち台”で引退を宣言した2006年の東京ドームでも対戦しています。契約更改は1500万円ダウンの2000万円でサイン。新監督のもと巻き返しを誓います。

 金子投手:
 「唯一対戦したことがある選手。(新庄新監督は)打ってほしいところで打つ選手だったので、僕もしっかり“抑えてほしいところで抑えるというところ”を結果として残していきたい」。

 また8日、最後に契約更改交渉に臨んだ近藤健介選手(28)はチーム最高額の2億5500万円でサインしています。

 ※金額は推定

  • みんテレ