北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

「新酒蔵」半世紀ぶりに函館に誕生…蔵の中に学校の研究室が? "酒作り"に込めた未来への熱き想いとは

道内経済 コラム・特集 友だち追加

 北海道・函館市に半世紀ぶりに酒蔵が開業しました。酒蔵設立の背景には単なる酒作りだけでなく未来を担う若者や地域への熱い思いがありました。

 11月25日、函館市に54年ぶりに開業した日本酒の酒蔵「函館五稜乃蔵」。新たな酒蔵誕生に期待が高まっています。

 函館五稜乃蔵 漆嵜 照政 社長:「泣きたいくらいうれしいです。なんとかこの蔵を函館の観光スポットにまで押し上げて、函館高専と協力しながら新製品の開発をやっていきたい」

 関係者が期待を寄せる学校との連携。半世紀ぶりとなる函館の酒蔵には酒造りを通して伝えたい若者たちへの思いがありました。

 「(Q:費用はどのくらいかかりました?)180万円くらい。5番のショップが非常に伸びまして、売上が昨年よりおちるかなと思ったら130%まで伸ばした」

ゼミの学生が参加する取締役会

 商品の売れ行きや出荷状況などが報告される取締役会。ピリピリムードが漂う会議を見ているのは小樽商科大学の学生たちです。仕掛けたのは日本酒の酒蔵「上川大雪酒造」。

 2020年、帯広畜産大学内にも蔵を創設するなど、酒造りを通じ実践的な教育にも携わってきました。

 小樽商科大学では2021年度から月1回程度「上川大雪酒造ゼミ」を開催しています。自身もこの大学出身である塚原社長にはある思いがありました。

 上川大雪酒造 塚原 敏夫 社長:「何か本当に大学の良さや個性がわかるものはないのかと考えたときに、こういったものを通じて実学を教えてくれるんだと。会計や簿記、会社法を勉強するだけじゃなくて実際にビジネスってどういうものなのかを知ってもらう。きっかけになったのは3大学の経営統合ですよね」

 2022年4月、小樽商科大学を含む北海道の国立3大学が経営統合します。

 背景にあるのは少子化です。3つの大学がタッグを組むことで、経費削減だけではなく、食品工学やマーケティングなど、それぞれが強みとする分野で連携を深め、人材の育成と地域の活性化を図ります。

  • みんテレ