きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

JR北海道 新たな除雪車両「キヤ291形」公開"カメラ&GPS装置"が搭載 2022年1月に導入予定

友だち追加

新型除雪車両「キヤ291形」

 JR北海道が除雪車両として新たに導入するラッセル気動車が、12月6日公開されました。

 お披露目されたのはJRが除雪車両として新たに導入するラッセル気動車、「キヤ291形」です。  

 現在使われている「DE15形」が製造から40年以上経ち老朽化が進んだことから置き換え車両としてつくられました。 

 「キヤ291形」には、運転室内で除雪装置の状況を確認できるカメラが設置されているほか、トンネルなどの位置情報を察知できるGPS装置が新たに搭載されています。

 JR北海道 小俣 貢さん:「今は雪が少ないですが、これから雪が降る時期になる。しっかり準備をして、万全の体制で冬期を迎えたい」

 「キヤ291形」は早ければ2022年1月にも、石北線の旭川~北見間で導入される予定です。

  • みんテレ