きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

「お歳暮商戦」本格化…コロナ禍で変わる傾向 キーワードは"カジュアル・自家用・大容量"

道内経済 友だち追加

 2021年も残すところ1か月を切りました。

 北海道札幌市のデパートでは「お歳暮商戦」が本格化しています。どんなものが人気なのでしょうか?

 長引くコロナ禍ならではの特徴がありました。

 デパートの客:「お世話になっている人に、海産物や札幌ラーメンなどを」

 デパートの客:「コロナ禍で外出できないので、家で食べられるもの」

 札幌市中央区のデパート「札幌三越」では、10月30日からお歳暮用ギフトセンターを開設。2000点を超える品ぞろえです。

「札幌三越」お歳暮用ギフトセンター

 売れ行きは好調で、2020年に比べ2割ほど増えているといいます。コロナ禍が長引く中、2021年の人気の品は?

 札幌丸井三越 本間 彩織さん:「フォーマルなお歳暮としてのギフトというよりカジュアルなもの。なかなか会えない親戚や友人へのちょっとした挨拶や、クリスマスや正月を自宅で少しぜいたくに過ごす自家用の需要が増えている」

 2021年の傾向、一つ目のキーワードは「カジュアル」。

 長らく会えないでいる人に気軽に贈ることができる、日持ちする洋菓子の詰め合わせが人気です。

「洋菓子詰合せ」

 そして、二つ目のキーワードは「自家用」。

 年末年始は出かけずに自宅で過ごそうと、自分用に少しぜいたくな商品を買う人が増えています。

「自家用」ですが、少しぜいたくに

 人気を集めているのが日本を代表する名門ホテル「帝国ホテル」のグラタンです。

 新崎 真倫 記者:「濃厚なホワイトソースに魚介の風味がきいています。サケもごろっと入っていて、ぜいたくな品です」

 温めるだけで食べられる手軽さがうけています。さらに…。

 新崎 真倫 記者:「お歳暮の定番ビールにも変化が見られます。本数が多いものが人気です」

「帝国ホテル」のグラタン

 三つ目のキーワードは「大容量」。

 行動規制が緩和されたことから、この年末年始は人が集まる機会が増えることが予想されます。そのため大勢で楽しめる、大容量のものも選ばれています。

「大容量」の商品も登場

 コロナ禍で変わる人気のお歳暮の品。「札幌三越」のお歳暮用ギフトセンターは12月20日まで開設されています。

  • みんテレ