北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

その使い方間違ってませんか “暖房器具”による火災を防ぐ…「洗濯物・ほこり・消毒」に要注意

コラム・特集 友だち追加

 火災が増えています。

 北海道札幌市の発生件数は、6年ぶりの増加傾向に。冬本番を迎え、暖房器具を使う機会が増えます。

 あなたの命と財産を火災から守るために注意すべきこととは?

 2015年から減少傾向が続いていた札幌市の火災件数ですが、2021年は11月30日時点で358件。

 2020年の同じ時期と比べ15件増えていて、このままいくと6年ぶりに増加することが見込まれています。

2020年に比べ増加傾向にある火災

 また、死者の数も19人と2020年に比べ7人増加。これからの季節は特に注意が必要です。

 札幌市消防局 予防部 合田 仁さん:「ストーブを使い始める人が多く、ストーブによる火災が増えていく」

 暖房器具が原因の火災は、10月から4月にかけて増加します。

 暖房器具を使う上で注意しなければいけないことは…。

 注意その1「置いてはいけない」

 ストーブの近くで洗濯物を乾かすことはありませんか?

 こちらの実験映像ではストーブの上に干していたタオルが落下。

 気付かずにいると煙が出始め、やがて火が出ます。

ストーブの近くに"洗濯物"を置くのは危険

 製品評価技術基盤機構 下川 知樹 北海道支所長:「近くに置いていた可燃物が接触し着火して火事になることが多い。洗濯物などの衣類・雑誌・新聞など、ストーブの近くに可燃物を置かない」

 注意その2「ストーブの下に…」

 暖房器具の周りの環境も重要です。

 こちらの実験映像では、灯油ストーブの下に“ほこり”がたまっています。

 そのまま使っていると、ストーブの中に大きな炎が。

ストーブ周りのこまめな"掃除"が大切

 製品評価技術基盤機構 下川 知樹 北海道支所長:「周りに“ほこり”があるとストーブ内部に吸い込まれ、異常燃焼を起こす可能性がある。“ほこり”がある場合はきちんと清掃することが重要」

 注意その3「コロナ禍の危険」

 世界的にオミクロン株が広がる兆しを見せる中、基本的な感染対策の徹底が求められています。

 こちらの実験映像、飲食をする前に手をアルコール消毒しようとしますが…。

アルコール消毒も"引火"の恐れがある

 消毒液を使った場所に問題がありました。

 製品評価技術基盤機構 下川 知樹 北海道支所長:「アルコールは可燃性の液体。ストーブなど高温の近くで使うと、アルコールに引火する恐れがある」

 冬本番を迎え、厳しい寒さが続くこれからの季節。あなたの命と財産を守るため、暖房器具を使用する際は十分注意しましょう。

ストーブの外側も要チェック

 暖房器具で北国ならではの注意点もあります。ストーブの「給排気筒」が外にあるタイプです。

 給排気筒が「雪」で覆われてしまうと、異常燃焼し出火する危険性もあります。どのような状態になっているか改めて確認し、安全に暖房器具を使いましょう。

  • みんテレ