北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

「作業場にクマが入った」住人目撃…"ホッケ塩漬け"狙ったか 床に血痕も複数 相次ぐ出没で警戒強化へ

事件・事故 社会 友だち追加

現場に残されたクマの血痕

 11月30日、北海道羅臼町の住宅の魚を保管していた作業場にクマが侵入して荒らしているのが見つかり、町などが警戒を強めています。

 クマが侵入したのは羅臼町岬町の住宅です。

 11月30日午前4時30分ごろ「住宅1階にある魚の加工などをする作業場にクマが入った」などと住人から町役場に連絡がありました。

ガラスが破られた入り口のドア

 現場では、作業場入口の引き戸が壊されガラスが割れていて、床にはクマの血痕も見つかり、クマがガラスを破って侵入したとみられています。

 作業場に保管されていた塩漬けのホッケが入ったケースが倒されていましたが、食い荒らされた跡はありませんでした。

 住宅内で住人が発見し、その後クマは作業場から外に出て、ケガをした人はいませんでした。

 町などによりますと、クマは作業場にあったホッケを狙って侵入したとみられていて、現場の足跡は約18センチ、体長は2mほどの成獣とみられています。

 付近では連絡から約1時間後に道路を横断するクマが目撃されましたが、山へ入り見失ったということです。

 また岬町から約2キロ離れた北浜町内でも同日朝、魚が保管されている漁業用の無人の倉庫が壊されている被害も見つかっていて、クマによるものとみられています。

クマが侵入した作業場(北海道羅臼町)

 町内では同月、ほかにもクマが作業場に入り込み干した海産物が食い荒らされるなどの被害が相次いでいます。

 冬眠を前にエサが不足し、魚の匂いを嗅ぎ付けて人里に出没し建物内部に侵入するケースが増加しているとみられています。

 町はクマの出没が相次いでいることを受けて、捕獲用のおりを新たに2台導入し、計3台設置し警戒を強めています。

  • みんテレ