きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

「考え事をしていた」普通列車が約200m"オーバーラン"…JR上野幌駅で利用客7人乗れず後続列車に

事件・事故 社会 友だち追加

列車のオーバーランを発表したJR北海道

 11月28日、JR千歳線の上野幌駅で普通列車が本来の停車位置から約200メートル行き過ぎて停車しました。JRの聞き取りに運転士は「考え事をしていた」と答えています。

 オーバーランがあったのはJR千歳線の上野幌駅で、28日午前6時6分ごろ、千歳発札幌行きの3両編成の普通列車が、本来の停車位置から約200メートル行き過ぎて停車しました。
 
 列車の最後尾がホームの端から約80メートル超えていたため乗客の乗り降りはできず、後続列車が近づいていたこともあり、指令センターの指示で停止した場所から約5分遅れで運転を再開しました。

 当時乗車予定だった7人は、約20分後に来た普通列車に乗り、この駅で降りる客はいませんでした。

 JR北海道の聞き取りに、運転士は「考え事をしていた」と話しているということで、JRが詳しく調べています。

  • みんテレ