きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

冬に大活躍 "注目雪かきグッズ" 今年のトレンドは? 「体の負担軽減」「雪が付きにくい」「曇らない」

コラム・特集 友だち追加

 11月26日の北海道内は、今季初めて氷点下10℃を下回るなど、各地で冬本番の冷え込みになりました。

 本格的な冬の到来にホームセンターでは、体の負担を軽減する除雪グッズが増えています。

 朝日に照らされて輝く樹氷。

 陸別町の最低気温は、氷点下10.2℃。今季全国で初めて、氷点下10℃を下回りました。

 また札幌では、氷点下0.5℃を観測。今季初めて冬日になり、道庁の池にはうっすら氷が張りました。

 札幌の南区では断続的に雪が降り、最深積雪26センチとなり、札幌でも本格的な雪のシーズンを迎えました。

最深積雪26センチとなった札幌市・南区

 そんな中、様々な除雪用品を取り扱う札幌市内のホームセンターでは、この数日で除雪用品の問い合わせや買い求める客が一気に増え始めているそうです。

 どんな除雪用品が人気なのでしょうか。

 DCMホーマック発寒追分通店 小倉 賢 副店長:「安いだけでなく機能性の高い商品が人気になっています」

 人気は体の負担を軽減する除雪グッズ。

 例えば、こちらの押すタイプの除雪スコップ。その形状が、とても使いやすいと評判です。

「押す力」で雪を移動させるスコップ

 DCMホーマック発寒追分通店 小倉 賢 副店長:「縦型のハンドルで、持ちやすく押しやすいハンドルとなっています」

 石井 祐里枝 アナウンサー:「柄の部分が曲がっているのが変わっていますね」

 DCMホーマック発寒追分通店 小倉 賢 副店長:「U型になっていることで、腰をかがめなくてよい商品になっています」

 石井 祐里枝 アナウンサー:「柄が曲がっていて高さもあるので、姿勢をまっすぐにしたまま使うことができます。体の負担も軽減されそう」

 湿った雪でもつきにくい「エンボス加工」が施されたスコップも人気です。

 表面にボツボツがあるのがポイント。雪の付着を防ぎ雪かきをスムーズにしてくれるそうです。

スコップに施された「エンボス加工」

 他にも手押し式の雪かき機などいろいろな商品が。

 DCMホーマック発寒追分通店 小倉 賢 副店長:「こちらが今年新しく出ている商品と、去年からあるタイプです」

 新商品は従来のモノより小型ですが、深さに余裕を持たせていて、取り回しも楽になっています。

取り回しが楽なタイプも登場

 そのほかこんなおすすめの商品も。

 DCMホーマック発寒追分通店 小倉 賢 副店長:「めがねが曇りにくいマスクです」

 鼻の付け根のぴったりフィットし、息が漏れるのを防いで、除雪作業の際もメガネが曇らないような工夫が施されています。

 本格的な雪の季節。自分の用途にあった雪かきグッズで、冬を乗り切りましょう。

  • みんテレ