きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

「さっぽろ雪まつり」2年ぶりに開催へ…規模は例年より縮小 ホワイトイルミネーションを同時開催

友だち追加

 新型コロナウイルスの影響で2021年は中止となった「さっぽろ雪まつり」

 2022年、2年ぶりに会場を設営し開催されることになりました。

 感染対策で規模は縮小されますが、ようやく札幌にいつもの冬が訪れそうです。

 実行委員会によりますと、期間は2022年2月5日から12日までの8日間で、大通公園会場のみで開催し、オンライン形式の企画も予定しています。

 例年は大通西1丁目から西12丁目まで使用していましたが、1丁目から7丁目に縮小します。

 このうち、西4丁目から7丁目にはメイン雪像や中雪像が設置されるほか、西1丁目から3丁目では、現在開催中のホワイトイルミネーションが継続開催されます。

感染対策のため規模は例年より縮小

 2年ぶりの雪まつり開催に札幌市民は…

 札幌市民:「良かったと思います。行くんじゃないかと思います」

 札幌市民:「雪国にとってはかけがえのない行事。日常に戻る大きなきっかけになるといい」

 二条市場で働く人:「(雪まつりを)やった方が客が増える。私たちにはとてもいいこと」

 一方で、感染拡大に不安の声も…。

 二条市場で働く人:「コロナの関係で第6波になるのは不安。(開催は)うれしい限りだけど不安は大きい」

 札幌市民:「歓迎だけどその先はおっかない(新型コロナが)収まればいいが」

 札幌市民:「やるんだ…と思いました。もう少し後のほうがいと思う」

 実行委員会では12月下旬にも雪像のデザインなどを発表することにしています。

  • みんテレ