きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

中学生刺殺事件 北海道にも衝撃広がる…学校の安全対策 子どもの異変を見逃さないためには

社会 コラム・特集 友だち追加

 愛知県の中学校で男子中学生が同学年の生徒を包丁で刺し殺害した事件で、北海道内でも衝撃が広がっています。

 学校内での凶行を未然に防ぐため必要なこととは。

 札幌市の高校生:「身近で事件が起こることがあると思うと怖くなる」

 愛知県の中学校で3年の男子生徒が包丁で刺され死亡した事件。逮捕された少年は警察の調べに「嫌な思いをした」と、トラブルをうかがわせる供述をしているということです。

 末松 信介 文科相:「愛知県教育委員会にスクールカウンセラーの追加派遣の経費を、緊急支援したいと伝えた。生徒の心のケアをはじめ、関係者のニーズに寄り添った支援をしたい」

 末松 信介文部科学大臣は会見でこのように述べ、教育現場への支援を表明しました。

 水上 孝一郎 記者:「学校の中で起きた事件に札幌市でも衝撃が広がっています。教育の現場では対応に苦慮していました」

教育現場でも体制強化の取り組みが

 札幌市南区の札幌新陽高校では事件を受け、生徒間のトラブルを未然に防ぐ体制を強化しようとしています。

 札幌新陽高校 平中 伸英 教頭:「ナイフを取り上げても、椅子を使って殴ったら変わらない。手荷物検査や金属探知機は効果的ではない。誰かに相談するか、自分でも相談できる相手を探す」

 札幌新陽高校では教員やスクールカウンセラーだけではなく、24時間対応する外部の相談ダイヤルを生徒に紹介しています。

「24時間対応する外部の相談ダイヤル」も生徒に紹介

 過去には北海道内の学校でも事件が。

 2013年、旭川市の中学校で男子生徒がトイレで同級生を殴り大けがを負わせました。

 学校での事件を防ぐためにどうすればいいのか。

 学校の危機管理の専門家の矢崎良明さんは、愛知県の事件が廊下で起きたことに注目しています。

 学校安全教育研究所 矢崎 良明 代表:「教室以外の場所でどう生徒を管理するかが課題。子どもたちが自由に動ける朝、休み時間、放課後に廊下を巡回する担当の教員を配置した方がいい」

  • みんテレ