きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

「調査から外れる意向示されている」旭川中2"いじめ疑い"…第三者委のメンバー2人除外 生徒らと関係

事件・事故 社会 友だち追加

 3月、北海道旭川市の女子中学生が遺体で見つかり、いじめが疑われる問題で、調査を進める第三者委員会のメンバー2人が、調査対象の生徒らと関係があったとして、調査から外れることが明らかになりました。

 この問題は3月、当時中学2年だった旭川市の広瀬爽彩さん(当時14)が遺体で見つかったもので、旭川市教育委員会の第三者委員会が調査を進めてきました。

 市教委は26日の旭川市議会で、副委員長の小児科医が調査対象の生徒と、臨時委員の弁護士が遺族側と利害関係があったとして、2人がメンバーから外れることを明らかにしました。

 旭川市教育委員会 石原 伸広 次長:「2人は12日の第三者委員会以降は調査には携わっていない。本人からも調査から外れる旨の意向が示されている」

  • みんテレ