きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

1日で真冬に一変…「ひどい、大変…」北海道北部で記録的なドカ雪 名寄市は平年の4倍…市民生活にも影響

天気 社会 友だち追加

 北海道内は強い冬型の気圧配置の影響で、11月24日の道北は記録的な大雪に見舞われました。25日にかけても雪が続く見込みで交通障害などに注意が必要です。

 中田 和樹 記者:「歩道を歩くと足が埋まっていきます。路肩には腰辺りまで、約80センチの雪が積もっています」

 道北で記録的な大雪です。1日で"真冬の景色"に一変した名寄市では車が雪に埋まってしまいました。

 積雪は平年の4倍の59センチに達し市民は雪かきに追われました。

 名寄市民:「すごいですね。新聞販売店を20年やってるけど、初めてか1、2を争うくらいひどい天気」

 名寄市民:「急に来たから準備できてなかった。長靴なんて出してなかった」

 名寄市民:「大変です。しばれてないから雪かきしずらい」

 24時間で降った雪の量は、幌加内町朱鞠内が77センチで観測史上一番の大雪となったほか、名寄市の60センチも11月としては過去最高記録です。

 この大雪の影響で、JRは宗谷線と留萌線で快速3本を含む11本が運休しています。

 また各地でぐんと冷え込み最高気温は131地点で今季一番の寒さとなったほか、14地点で今季初めて、日中でも気温がプラスにならない「真冬日」となりました。

 24日夜から25日夕方にかけて予想される雪の量は、空知地方で50センチ、上川、石狩、後志地方で40センチとなっていて、大雪による交通障害や落雪、雪崩に注意が必要です。

  • みんテレ