北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

小学生5人組「ゴミーズ」 毎朝公園のごみ拾い…3か月継続中の理由は“ある約束” 活動終了の日はいつ

コラム・特集 友だち追加

 北海道札幌市の小学生が、公園のごみ拾いを毎日続けています。始めてから約3か月がたちました。なぜ、ごみを拾い続けるのでしょうか。その理由は子どもたちの“ある約束”でした。

 午前6時30分。まだ薄暗い中、子どもたちが集まってきます。

 子どもたち:「おはようございます」

栄北小学校5年2組のクラスメート「ゴミーズ」

 5人は札幌市東区の栄北小学校5年2組のクラスメートです。チーム名は「ゴミーズ」。8月下旬から毎朝、公園のごみ拾いをしています。

 ゴミーズ 倉内 シュリ君:「結構前に捨てられたごみに、落ち葉が上から被っていて隠れている」

 ゴミーズ 増田 創太君:「たばこの吸い殻やオレンジ色のごみは見つけにくいんだよね」  

 ごみ拾いを始めたのは、リーダーの倉内シュリ君です。父親に勧められ最初は家族で始めましたが、みんなでよく遊ぶ公園だからとクラスメートを誘いました。

ごみ拾いを始めたリーダーの倉内シュリ君

 この日、30分で拾ったごみは約30リットル。1日で約60リットル拾ったことも。

 ゴミーズ 増田 創太君:「ずっとごみ拾いしなかったら、ごみがいっぱいになって公園が閉鎖されちゃうのかなって」

 子どもたちの取り組みに、毎朝登校を見守っている町内会長は…。

 栄西地区 東3丁目町内会 三枝 純一 会長:「仲間でごみ掃除を頑張ってるみたいで、表彰もんだねと」

栄西地区東3丁目町内会の三枝会長は頑張る姿に感心

 ごみ拾いを提案した、倉内君の父親も…。

 シュリ君の父親 倉内 健次さん:「ここまで継続できたのは、すごいなと思います」

 「ゴミーズ」の仲間たちがゴミ拾いを始めたとき、いつまで続けるのか“ある約束”をしました。

「1週間ごみが無くなったら終わり」と約束したが…

 ゴミーズ 増田 創太君「1週間ごみが無くなったら、ごみ拾いは終わり」

 ごみは無くなりそうなんでしょうか?
 
 ゴミーズ 倉内 シュリ君:「無くなりそうじゃないね。夏になったら、また戻る気がする」

 1週間どころか、1日もごみが無い日は続きませんでした。

たばこの吸い殻が最も多い

 最も多いのは、たばこの吸い殻。大人が出したごみを、子どもたちが拾い続けています。「ゴミーズ」の活動が終わる日は、いつ訪れるのでしょうか?

  • みんテレ