北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

介護する子どもたち"ヤングケアラー"を把握へ…動き出した教育現場 「受け皿」作りに学校や地域も支援

コラム・特集 友だち追加

 いま介護にあたる子どもたち「ヤングケアラー」を支援につなげようと、学校や地域で模索が始まっています。

 北海道札幌市の女子中学生。母子家庭で、仕事を掛け持ちする母親に代わり、家事を担い弟たちの世話をしています。

 子どもでありながら家族の介護や世話をするヤングケアラー。

 そのことを知っているのは、家族の分のお弁当を渡してくれる子ども食堂の人だけです。

 「(学校の先生は)知らないと思います」

 学校にも知られず、行政の支援からもこぼれ落ちる子どもたち。

 教育現場では教師たちの意識を変え、孤立するヤングケアラーを把握する取り組みが始まりました。子どもたちの小さなSOSを聞くために…。

 札幌市南区の札幌新陽高校。

 ヤングケアラーをはじめとする生徒の課題に対応する取り組みが始まっています。

 札幌大谷大学で社会福祉学を教える今西良輔さんです。

 訪れたのは保健室。養護教諭から不登校の生徒や家庭に問題を抱える生徒たちについて聞き取ります。

 そのうえで生徒とも面談。

 活用できる福祉サービスを家庭にも伝えるなどして解決を図ります。

札幌大谷大学の今西良輔さん

 スクールソーシャルワーカーと呼ばれる仕事です。

 スクールソーシャルワーカー 今西 良輔さん:「ヤングケアラーの状況に合わせて子がいた場合、例えばお金の部分で生活が大変であれば行政機関、ケースに応じて児童相談所などにつないでいく」

 高校ではこれまで多忙な教師が生徒たちの相談に応じてきましたが、今西さんによって具体的な支援に向けて動くことができるようになりました。

 札幌新陽高校 養護教諭 須川 恵里さん:「話を聞き状況を把握することはできるが、家庭に学校が踏み込めない。どうすれば具体的な支援につながるのかソーシャルワーカーに相談してよかった」

 さらに教師の意識の変化も生まれています。

 札幌新陽高校 教頭 宮原 祐輔さん:「遅刻ひとつとっても家族のお世話をしてから登校することが、もしかしたらその裏にあるかもしれない。まずは教師の認知度を上げて、日々生徒の観察にあたってもらうような研修も今後検討していきたい」

  • みんテレ