北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

北海道民のソウルフードにも"値上げの波"…「ジンギスカン」が高騰中 注目度UPがチャンスになる可能性

コラム・特集 友だち追加

 ミートショックと呼ばれる輸入牛肉の値上がりで家計への影響が続いていますが、北海道民の食卓に欠かせないあの肉にも影響が及んでいます。

 吉野 圭子 ディレクター:「この香りがたまりませんね~。北海道民のソウルフードと言えばジンギスカン。今、このジンギスカンがピンチです! 」

 北海道で焼き肉といえば、真っ先に思い浮かべるのがジンギスカン。

道民のソウルフード「ジンギスカン」

 1人前500円台で食べられる定食などもあり、その「安さ」も魅力のひとつです。

 客:「ジンギスカン大好き。10日に1回は食べる」

 しかし、牛肉に続いて、ここにも値上げの波が…。

羊肉の価格が高騰…

 ジンギスカンが手軽に食べられなくなる日がくるかもしれないんです。

 道民が愛するジンギスカン。でも札幌市内のスーパーでは値段が上がっています。

 ホクノー中央店 精肉部バイヤー 木下 善雅さん:「ニュージーランドのラムショルダーで、100グラム216円で売っていたものが248円になった。年々価格が上がっているが、夏にかけて急激に上がった状況」

100グラム216円が248円に値上がりに

 客:「今まで食べていたのが、高くて食べられなくなった」

 客:「考えながら食べようと思う」 

 道民がちょっと戸惑う値上がりの影響は、コロナ禍で苦境が続く飲食店にも及んでいます。

 このジンギスカン専門店では時短要請の解除で賑わいが戻りつつありますが、手放しでは喜べない状況だと言います。

羊肉の"値上がり"は飲食店にも影響を与えている

 ブレンドワークス 前川 裕一 社長:「オーストラリア、ニュージーランド産がだいたい1.4倍に高騰している」

 実は、私たちが口にしている羊の肉の99%は、ニュージーランドやオーストラリアなど海外からの輸入肉です。

 この輸入価格が、2000年には1キロ200円ほどでしたが、その後上昇傾向が続き、2020年は、1キロ699円と2000年と比べ3倍以上の値段にまであがっています。

  • みんテレ