北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

札幌で“住宅難” 地価は9年間で1.5倍高騰 低金利が要因か 狭い土地に"まるでリゾート"一戸建ても

道内経済 コラム・特集 友だち追加

札幌の住宅地の平均価格は上昇傾向に

 背景には何があるのでしょうか?

 北海道不動産鑑定士協会 斎藤 武也 副会長:「(需要の)一番の要因は低金利政策だと思う。(住宅)ローン減税もあるから、(低金利や減税が)終わると思っている人は駆け込み」

高騰の要因は「低金利政策」

 2016年から続くマイナス金利政策や住宅ローン減税。

 ローン残高が所得税などから控除される住宅ローン減税は、年内が期限で延長も検討されていますが、減税規模を縮小すべきとの意見もあります。

 また、住宅ローンの利息が下がるマイナス金利政策はいつ見直されるか分かりません

 北海道不動産鑑定士協会 斎藤 武也 副会長:「(地価の高騰が)今後いつまでとは分かりづらい。いつまで低金利が続くのか…に尽きる」

 住宅地の価格の高騰が先の見えない形で続いています。

住宅地上昇率ランキングで2~10位までは北海道が占めた(2021年)

 住宅地の上昇率ランキング(2021年 国交省調べ)を見てみると、2位の北広島市共栄町から10位の石狩市花川までが北海道となっています。

 札幌市近郊の自治体がほとんどとなっていて、地価高騰が続く札幌市を避けて住宅の建設が進んでいることが要因の一つとみられています。

 地価の上昇は札幌と近隣の町でまだ続きそうです。

  • みんテレ