きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

運休は56本に…"設備不具合"で一時運転見合わせたJR約1万7000人に影響 「ケーブル不具合」か

事件・事故 社会 友だち追加

JR北海道

 11月9日夕方、JR千歳線で設備に不具合が発生し、一部区間で快速エアポートなどが運休したトラブルで、約1万7000人に影響が出ました。

 このトラブルは9日午後5時ごろ、JR千歳線の新札幌-上野幌駅間の上り線で、列車がいないのにいるような状態になる「軌道回路の不具合」が発生したもので、千歳線の札幌と新千歳空港・苫小牧駅間の上り線で一部運転を見合わせたものです。

 JRは約2時間後の午後7時ごろに安全の確認が取れたとして運転を再開。快速エアポートを33本を含む56本が運休し、約1万7000人に影響が出ました。

 JR北海道は不具合の原因はケーブルの不良によるものと考えられるとしながら、詳細の調査を進めるとしています。

  • みんテレ