北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

【レバンガ北海道】宇都宮ブレックスに3年ぶり勝利 外国籍選手が大活躍

スポーツ 友だち追加

21得点をあげたショーン・ロング選手

 Bリーグ1部レバンガ北海道は、11月6日、7日と昨シーズン東地区優勝の強豪宇都宮ブレックスと対戦しました。6日は23点差の大敗に終わりましたが、7日のGAME2で3年ぶりに勝利をあげました。

 大敗したGAME1とは打ってかわり、レバンガはハードなディフェンスから流れをつくり3点差で前半を折り返します。すると第3クォーター。新加入のデモン・ブルックス選手(29)を中心に攻撃し逆転に成功します。

 さらに火をつけたのはブルックス選手と共にこちらも新加入のショーン・ロング選手(28)、14リバウンド、21得点とダブルダブルの活躍。レバンガは12連敗中だった宇都宮を相手に3年ぶりの勝利をもぎとりました。

 ◆佐古賢一HC コメント
「今日は昨日の試合の反省をしっかり選手たちが気持ちの面やリバウンド面で修正してくれて、我慢し続けた結果だと思います。スタートメンバーを変更したのは、出だしからディフェンシブなスタイルを作りたかったからでしたが、牧、桜井が強度の高いディフェンスをしてくれたことで、チーム全体の意識をいい流れに持っていってくれたと思います。昨日の試合と戦術・戦略で大きな変更はなく、単純にディフェンスプレッシャーへの意識、基本的なルールの徹底といった、とにかく頭でバスケットをするのではなく、強いハートをもって戦う意識が必要とMTGで話をしました。どうしても選手たちは、オフェンス面での得点などが評価される認識でいますが、まずはディフェンスの意識をもってスタッツなどに残らないところでのチームへの貢献をしていけるかが大事だと思いますので、そういうチームになれるように進めていきたいと思います。これで今シーズンの地方開催は最後になりますが、帯広の方々をはじめ、たくさんの応援がチームの力になりましたし、合宿などでも使用させていただいていてやりやすい体育館でしたので、勝利を届けることができてよかったです」

 ◆橋本竜馬選手 コメント
「昨日の敗戦を受け止めて、自分たちがどういうバスケをやらなければいけないかを全員が意識して取り組めた試合だったと思います。相手の方が経験があって実力ある選手が多い中、昨日と変わったところはリバウンド面やディフェンスでのプレッシャーへの意識だったと思いますし、そのことがいい形でのオフェンスにつながったと思います。自分自身の得点も、みんなの勝ちたいという気持ちが乗り移って入った得点だったと思っています。我々のチームは、ディフェンスで守り勝つチームであり、目に見える記録や内容にこだわるのではなく、全員がチームの勝利という結果にフォーカスしたことが今日の試合の勝因だったと思うので、どこが相手であってもどういう状況であっても自分の持てる力を全て出し切れるようにチームを引っ張っていければと思います」


《試合結果》
6日(土) レバンガ北海道 70対93 宇都宮ブレックス
7日(日) レバンガ北海道 71対63 宇都宮ブレックス

  • みんテレ