北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

苗穂駅"直結"の高層マンションとテナント 「苗穂ヒラクス」誕生… 再開発で札幌の新たなランドマークへ

友だち追加

 再開発が急ピッチで進む札幌市のJR苗穂駅周辺に新たなランドマークが誕生します。名称は「苗穂ヒラクス」。どんなビルになるのでしょうか?

 大和ハウス工業 戸田 裕之販売事務所長:「こちらが苗穂ヒラクスになります」

 JR苗穂駅直結の2棟の高層マンションと、その下に入るテナント。新たなランドマークが誕生します。

札幌の新たなランドマーク「苗穂ヒラクス」

 Q名前の由来は?

 大和ハウス工業 戸田 裕之販売事務所長:「街が拓かれる、人々の交流が拓かれるという意味を込めて造語でヒラクス」

 Qテナントは?

 大和ハウス工業 戸田 裕之販売事務所長:「全部12店舗が最大で入る」

 急ピッチで進む苗穂駅周辺の再開発。3年前に駅が移転しスーパーや病院などが近くなり生活が便利に。

 高層マンションが相次いで建設されています。

 この再開発、実は大きな狙いがありました。

 大和ハウス工業 戸田 裕之販売事務所長:「(新幹線延伸で)札幌駅の方から東に伸びる動き、苗穂駅が開発されることで苗穂駅からも拓かれる、それが将来的には交わって大きい街として形成されて、札幌全体の魅力になる」

札幌全体の"魅力"になる期待がかかる

 建設中の高層マンションはすでに8割が売約済み。

 この建設を目の前で見守ってきた地元の不動産業者は…

 ホームファクトリー 太 弘植さん:「すごく楽しみですね」

 この業者によると、周辺では築30年以上の中古マンションの価格が1.8倍に値上がりしているといいます。

 ホームファクトリー 太 弘植さん:「苗穂ヒラクスのブランドイメージが(周辺の不動産価格に)影響してくる」

 Q土地の値上がりに期待?

 ホームファクトリー 太 弘植さん:「期待しています」

 大きな期待が集まる苗穂ヒラクスは2022年春本格的に稼働。いったいどんなテナントが入るのか注目です。

  • みんテレ