北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

【レバンガ北海道】ブルックス&ロングで50得点 最大22点リードも逆転負け

スポーツ 友だち追加

23得点をあげたデモン・ブルックス

 プロバスケットボールBリーグ東地区のレバンガ北海道は10月27日、第5節で信州ブレイブウォリアーズと長野県のことぶきアリーナ千曲で対戦しました。

 前節、強豪川崎ブレイブサンダースを3シーズンぶりに撃破したレバンガ北海道は連勝し勢いに乗りたいところ。ゲームは今季から加入した外国籍コンビが躍動します。デモン・ブルックス(29)はチーム最多3本のスリーポイントシュートを決めるなど23得点をあげます。さらに元NBAプレーヤーのショーン・ロング(28)が第3クオーターに208センチの長身を生かし強烈なダンクシュート。2人の外国籍選手だけで50得点を奪います。それでもチームは他の選手が得点を1桁台に封じられ後半に失速。第2クオーター途中で最大22点あったリードを守り切ることができず、連勝のかかった一戦で痛恨の逆転負けを喫しました。

 ◆ゲームリポート
B.LEAGUE 2021-22 SEASON 第5節
2021.10.27.WEB. vs信州ブレイブウォリアーズ(B1西地区)
@ことぶきアリーナ千曲

信州ブレイブウォリアーズ 87
レバンガ北海道 84

信州【Q】北海道
13【1Q】27
20【2Q】21
30【3Q】17
24【4Q】19

★PTS(総得点数)
#21 ショーン・ロング 27
#24 デモン・ブルックス 23

★AS(アシスト数)
#4 寺園脩斗 9

★BS(ブロックショット数)
#5 ダニエル・ミラー 4

 ◆佐古 賢一 HC コメント
「前半は非常にいい形で得点も決めれたことで、ディフェンスも岡田選手のところを含め押さえることができていましたが、後半は選手たちが無意識のうちに少しディフェンスでのエナジーが欠けてしまって、全員で守るという意識が薄れ相手に流れを持っていかれたことで、最終的に残念な結果となってしまいました。点差が離れてもタフにプレーしなければいけないですし、小手先のディフェンスになってしまうと相手にもいいタッチで得点されてしまうので、その辺りは反省して次に活かせるよう進めていきたいと思います。ただ、チームとしては、少しずついい形にはなってきているので、より良くなるための準備をしていきたいと思います」

 ◆デモン・ブルックス選手 コメント
「今日の試合は、前半アグレッシブなディフェンスからリバウンドを取れたことで、相手のオフェンスを1回で終わらせることができて、自分たちのオフェンスのいい流れに繋がったと思います。ただ、後半はディフェンスがソフトになってしまったことで相手に流れを渡してしまい、自分たちで試合を壊してしまいました。信州のような長い期間チームスタイルを積み重ねているチームに対しては、40分間やり切る力をつけなければいけないですし、得点差が離れた展開でのマネジメントに関しても、今日の試合でしっかり学んで次に活かしていかなければならないと思います」

 ◆レバンガ北海道 今後の日程
◇第97回天皇杯 全日本バスケットボール選手権大会3次ラウンド 北海道会場
レバンガ北海道 vs 福島ファイヤーボンズ
10月30日(土)16:00 TIP OFF
@北海きたえーる
※勝ち上がり次第で10/31、11/1まで出場。

◇B.LEAGUE 2021-22 SEASON 第6節
レバンガ北海道 vs 宇都宮ブレックス
2021年11月06日(土) 14:05 TIP OFF
2021年11月07日(日) 14:05 TIP OFF
@よつ葉アリーナ十勝
(※年に一度の北海道帯広市開催)

  • みんテレ