きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

【フットサル】松井大輔 四十路の挑戦 “選手、メンバーのほとんどが僕の先生だと思っている”

スポーツ 友だち追加

松井大輔選手

 サッカー日本代表で活躍した松井大輔選手(40歳・YSCC横浜)がフットサル「Fリーグ」で新たなチャレンジをスタートさせています。10月24日、北海道の北ガスアリーナ46で行われたエスポラーダ北海道との一戦に出場。「Fリーグ」参戦2試合目で、改めてフットサルという競技の奥深さを実感したと話しました。

 「(サッカーとは)すべてが違いますし、ボールの持ち方だったり、ポジションどり、4人が連動して動くのがフットサルなので、すごく難しく感じています」

 昨年12月に横浜FCからベトナムのサイゴンFCへ移籍した松井選手。帰国後「Fリーグ」のYSCC横浜に入団しました。松井選手と言えば、フランスのル・マン、サンテティエンヌ、グルノーブル、ロシアのトム・トムスク、ポーランドのオードラ・オポーレなど、5か国9クラブ渡り歩いてきた“世界を知り、世界で評価されてきた選手”。帰国後J2やJ3のオファーもありましたが、フットサルという未知の領域に挑戦することを選びました。

 「やっぱり1対1で対峙した時が楽しく感じますね。1からのスタートですし、選手、メンバーのほとんどが僕の先生だと思っているので、学びながら徐々に階段を上がっていければなと思っています」

 “四十路の挑戦” と書いてしまうと堅苦しく感じてしまうこのチャレンジですが、松井選手が口にした“楽しく感じます”と混じりっけのないワードを聞くと、なんだかこのチャレンジが難しいことではないのかなとさえ思えてしまいます。『日本屈指のテクニシャン』『ファンタジスタ』『名ドリブラー』の称号を欲しいままにした松井選手。今後、フットサルの舞台でどんなプレーを見せてくれるのか楽しみでしかありません。

 ◆松井 大輔 選手 プロフィール
生年月日:1981年5月11日(40歳) 身長/体重:175センチ/66キロ 所属:YSCC横浜 経歴:鹿児島実高~京都パープルサンガ~ル・マン(フランス)~サンテティエンヌ(フランス)~グルノーブル(フランス)~トム・トムスク(ロシア)~ディジョン(フランス)~スラビア・ソフィア(ブルガリア)~レヒア・グダニスク(ポーランド)~ジュビロ磐田~オードラ・オポーレ(ポーランド)~横浜FC~サイゴンFC

  • みんテレ