きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

衆院選 旭川など北海道6区は「いじめ対策」が争点に…10区は「1次産業・農業」を巡り激しい戦い続く

政治 社会 友だち追加

 10月31日に投開票を迎える衆議院議員選挙。前回大接戦となった北海道10区と、3人が争う構図の北海道6区。し烈な戦いの最前線を取材しました。



空知と留萌管内の道10区

 空知と留萌管内の道10区。立憲民主党の前職、神谷裕さん(53)と公明党の前職で自民党が推薦する稲津久さん(63)の一騎打ちとなっています。

 10区は道内有数の米どころ。しかし、コロナ禍で外食産業が休業となったことや、休校で給食での消費が減少したことでコメが余る事態に。価格は大きく下落し、農家の暮らしが揺らいでいます。

立憲 前職 神谷 裕 候補

 八木 隆太郎 キャスター:「神谷裕さんの選挙カーが南幌町の公園に到着しました。きょうは空知地方を中心に回るということです」

 立憲民主党の神谷裕さんは"農政通"をアピール。ネクタイも深川市のコメをPRするゆるキャラです。訴えることは1次産業の活性化です。

 神谷 裕 候補:「今の農業も漁業もアベノミクス以降、市場経済みたいなものが入り、結果として相当厳しくなっているのが私の感じ方」

 神谷 裕 候補:「経済対策としては地方の基幹産業は1次産業だと思っているので、まず1次産業を元気にすれば、地方は持続可能な社会になっていく」

 コメ価格が下落するなか、価格の安定を求める農家から強い期待を感じています。

 神谷 裕 候補:「(支援者からリンゴの差し入れをもらって)最高のリンゴを頂いた。ありがとう、元気出てきました」

 前回相手候補にわずか513票差で敗れました。

 神谷 裕 候補:「前回513票差で負けました。これ私の甘えだと思っている。この4年間、513を超えるために皆さん方と一緒に頑張ってきた。最後まで気を緩めずに最後まで走り抜きたい」

公明 前職 稲津 久 候補

 5期目の当選を目指す公明党の稲津久さんも広い選挙区をくまなく回ります。

 八木 隆太郎 キャスター:「稲津久さんが滝川市内のスーパー前にやってきました。支持者らとグータッチを交わしています」

 自民・公明、協力の象徴区。負けられない戦いに首相も応援に入りました。

 岸田首相:「稲津久さん、ぜひこの大激戦をみなさんの力で勝ち抜かせていただきたい」

 稲津 久 候補:「農業は持続可能な産業ですから。優位性はこれからも地域に欠かせない。しっかり農家の支援をやらせてもらいます」

 食事をする間も地元の発展を考えているといいます。

 稲津 久 候補:「いただきます、あ~おいしい」

 農業を盛り立てるため、消費を喚起したいとしています。

 稲津 久 候補:「深川留萌道が全線開始になり観光客も増えたしだいぶ変わった、人や物の流れが。地場産のものをどう生産消費につなげるか大事なテーマ」

 1次産業に光を当てるのはどの候補か、前回に続き、熾烈な戦いが続いています。

  • みんテレ