きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

ワクチン接種・PCR検査が条件 北海道“実証実験“ツアー…観光復活へ GoToトラベル再開見据え

社会 道内経済 コラム・特集 友だち追加

 コロナ禍で苦しむ観光業界に新たな動きです。

 観光庁が行う県をまたいだ移動制限を緩和する実証実験の一環で、ワクチン接種や陰性証明を条件とする北海道ツアーが行われました。

 10月17日の北海道の空の玄関口、新千歳空港。

 久しぶりに団体ツアーの旗を持つ添乗員の姿が見られました。

 ツアーの添乗員:「証明書を確認します」

 添乗員が確認したのは、ツアー参加者のワクチン接種証明書です。参加者の検温も行います。

 ツアーの添乗員:「平熱です」

 全国各地の空港を出発し北海道内の観光地を巡るこのツアーは、観光庁が行う県をまたいだ移動制限を緩和する実証実験「ワクチン・検査パッケージ」のひとつです。

 参加者は2回のワクチン接種を終えているか、直前のPCR検査で陰性が確認された人に限られます。

参加者は「ワクチン接種」か「陰性証明」が必要

 四国の愛媛県からの参加者は…。

 愛媛県からの参加者:「旅行は久しぶり。1年ぶりだから。安心な点は、いろいろ対策がきちんとしているところ」

 参加したのは31人。

 札幌市南区の定山渓温泉や小樽市、ニセコエリアなどを2泊3日で回ります。

 ツアーの添乗員:「バスの中では会話は控えめに。マスクの着用も。水など以外の飲食はできません」

 最初に訪れたのは由仁町の庭園「ゆにガーデン」です。

 肌寒い気温で、時折雨が降るあいにくの天気でしたが散策を楽しみました。

 その間にもバスでは消毒をしたり窓を開けて換気を行ったり、感染防止対策を徹底します。

消毒・換気など感染対策を徹底

 読売旅行 貞広 貴志 副社長:「万が一にも旅の途中で感染事例が出ないように万全を期している。考えられる全ての措置をとって、リスクの最小化に全力を尽くす」

 初日の宿泊は定山渓温泉。

 夕食のビュッフェではビニール手袋の着用が義務付けられています。

 兵庫県からの参加者は…。

 兵庫県からの参加者:「感染対策は気をつけなければならない。別に不自由ではないし旅行に来られることがうれしい」

 ツアーを受け入れたホテルでは今回の実証実験に大きな期待を寄せています。

 ホテル鹿の湯 武永 俊晃 副支配人:「今後は、まん延防止等重点措置や緊急事態宣言に左右されず客が来る環境になれば」

 ツアー2日目の最初の目的地は小樽市です。

 街には修学旅行の子どもたちの姿も見られ、徐々に以前のにぎわいを取り戻してきました。

  • みんテレ