きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

部員わずか"11人"「木古内小学校吹奏楽部」東日本大会へ…コロナ禍の部活 サポートのあり方

コラム・特集 友だち追加

 部員わずか11人。北海道南部の木古内(きこない)小学校の吹奏楽部が、札幌市で行われた全国規模の大会に出場しました。

 コロナ禍で様々な制約がある中、練習を重ねた子どもたち。果たして結果は?

 10月10日、札幌市で行われた第21回東日本学校吹奏楽大会。関東以北の小中高校の吹奏楽部が、演奏の技術と表現力を競う全国規模の大会です。

 この大会に北海道南部の木古内小学校の吹奏楽部が出場しました。

 木古内小学校吹奏楽部の児童:「自信はある!」

 木古内小学校吹奏楽部の児童:「楽しんで笑顔で演奏してと言われたので、緊張しない」

木古内小学校吹奏楽部の児童

 小学校部門は各地域から選抜された12校が出場します。部員が多い学校では60人以上を数えるところもありますが、木古内小学校はわずか11人です。

 木古内小学校吹奏楽部 顧問 五十嵐 大 教諭:「こんなに部員が少ないのは大会の歴史の中で初めてでは。迫力ではかなわないが、うちだから表現できる良さがある」

 コロナ禍で十分な練習ができない中、少ない人数で大きな大会に出場するため様々な工夫がありました。

 コロナ禍で短縮された練習時間。接触を避けるため音合わせもできません。

 部員で唯一の男子、松井彩之助くんです。打楽器が担当ですが、部員が少ないことから12種類の楽器を担当。家で練習しますが、大きな楽器すべてを持ち込むことはできません。

12種類の楽器を担当 松井彩之助くん

 木古内小学校吹奏楽部 松井 彩之助くん:「2020年の大会がなくて出たことがなかったので、金賞を取って日本一になりたい」 

 20年以上の歴史を持つ東日本学校吹奏楽大会。2020年はコロナ禍で中止となりましたが、2021年は8月に北海道大会が開かれました。

 その結果、代表3校のうちのひとつに木古内小学校が選ばれたのです。

 木古内小学校 小田 将之 校長:「地域の人からは、子どもを札幌市に行かせることに不安の声がある」

 木古内小学校吹奏楽部の児童:「札幌市から帰ってきて、家族にコロナをうつしてしまったらと心配」

 札幌市まで約5時間。保護者や町の関係者など多くの人に見送られ、11人は本番に挑みます。

  • みんテレ