北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

ヤングケアラー 子どもたちのSOS 背景に保護者の不安定な暮らし 必要な支援とは 法整備求める声も

社会 コラム・特集 友だち追加

 介護する子どもたち"ヤングケアラー"を支援するにはどうしたら良いのでしょうか。声を上げづらい子どもたちと孤立する家族。その小さな声を自らもヤングケアラーだった記者が聞きました。

 私が小学生の時、祖母が脳卒中で倒れました。祖父は認知症に。父親は仕事で忙しく、母親と次女の私が介護を担ってきました。

自らもヤングケアラーだった記者

 食事の準備。そして、時折家を出て行ってしまう祖父の見守り。トイレの介助もしていました。

 介護は13年に及びました。私のような介護にあたる子どもを「ヤングケアラー」と呼ぶことを知ったのは大学生の時でした。

 2021年4月に公表された国の実態調査では中学生の17人に1人、クラスに2人程度いるとされています。

中学生の17人に1人がヤングケアラー

 どういった支援が必要なのか、ヤングケアラーたちを訪ね声を聞くことにしました。

 初めに会ったのは、札幌市の大学生 瑠南(るな、21)さん。

 家は母子家庭。精神疾患のある母親は状態が悪い時は起きることができず、自傷行為をすることもありました。

 瑠南さんが2人の弟と協力して、家事や母親のケアを担ってきました。

 瑠南さん:「洗濯、掃除、調理、ごみ捨て…。母親が調子が悪い時は病院に付き添ったりとか、自傷行為をしそうなときには危ないものを隠したりしてました」

札幌の大学生 瑠南さん

 瑠南さんは母親に対し、「なぜ子どもなのに家事をしなければならないのか」と心の中で反発していました。かつての私も祖父母によって大切な家族の時間を奪われたように感じていました。

 瑠南さんは、最近になって母親の気持ちが分かるようになったといいます。
 
 瑠南さん:「(母親は)なりたくてこういう体になった訳じゃないし、『させたくて家事をさせた訳じゃない』と言ってました」

 母親は周囲に相談する人がいませんでした。親には行政が支援をし、子どもには学校の先生が相談に乗るなど、家族全体を支援してほしいと訴えます。

 瑠南さん:「当事者というよりも親の方に関わっていただいて、親の病気に対する対策であったり、お金に余裕がない家庭だったら金銭的な支援で、学校的には子ども自身が気軽に相談できるような大人が増えたらいいのかなと思います」

  • みんテレ