きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

"第三者認証"10月22日から全道域で受け付け開始へ…前週は感染者増加の兆しも 知事「対策の徹底を」

社会 友だち追加

鈴木北海道知事の定例会見(2021年10月20日午後2時30分すぎ)

 北海道の鈴木直道知事は10月20日の定例会見で、札幌市や小樽市の飲食店などで取り入れている「第三者認証」制度を22日から全道域に拡大して受け付けを開始することをあげ、11月からの本格的な経済活動再開に向け、感染対策の徹底を呼びかけました。

 20日の北海道内の新規感染者は14人で、3日連続で20人を下回りました。

 一方で10万人あたりの感染者数の7日間合計は14日~19日に6日連続で前週から増加し、10月に入り新たに7件のクラスターで136人の感染が確認されていて、「今後に向け重要な時期。一人一人の感染対策の徹底を」と呼びかけました。

 北海道では31日までを「秋の再拡大防止特別対策」期間としていて、11月1日からの本格的な経済活動再開に向け準備が進んでいます。

 札幌市や小樽市の飲食店などで換気や消毒などの感染対策に取り組んでいることを示す「第三者認証」制度を22日から全道域に拡大し、受け付けを開始します。

 知事は、「国の基本的対処方針にはこの認証制度をどう活用するか明記されておらず見極めが難しいが、今後違いをつけるために記載された時に対応できるよう検討を進めてほしい」としています。

 第三者認証制度の受け付け窓口は以下の通りです。
 0570-783-816(10月22日~、23・24日の土日も対応)

  • みんテレ